ビッグウィングの「しろくまのきもちサマースカーフ」

写真拡大

「猛暑」「酷暑」の予想が一転、「冷夏」となった今年の夏。しかし、これからは残暑が厳しい時期だ。

 ビジネスパーソンのなかには、大量の汗をかきながら外回りをしている人もいれば、蒸し暑いなかを通勤するだけでグッタリしてしまうという人もいるだろう。また、この季節は祭りや花火大会などの屋外イベントがめじろ押しだ。

 そこで活用したいのが、「ひんやりアイテム」の数々である。自宅での使用はもちろん、外出時に身に着けられるものまで5つのアイテムを紹介、その使用感をレビューする(価格は税込み表示)。

●ニトリのひんやり敷きパッド、足裏に冷却ジェル

【Nクールシリーズ「敷きパッド」/ニトリ/1389円】

 まずは、ニトリが発売している「Nクール」シリーズの「敷きパッド」だ。接触冷感素材を使用しているため、パイル地のものと比べてひんやりとした質感が特長である。

 速乾性にも優れているため、汗をかいてもベタつかず、サラッとした肌ざわりが損なわれないのもポイントだ。また、リーズナブルな価格で気軽に買って試せるのもうれしい点である。

 実際に使用してみると、ほどよいひんやり感があり、サラッとした肌ざわりのおかげで起床時の布団のベタつきが緩和された。また、比較的気温の低い日であればクーラーいらずで、電気代を節約することができるのもメリットのひとつだ。

 より強いひんやり感を求める場合は、価格帯は上がるが「Nクール」シリーズの上位商品である「Nクールスーパー」や「Nクールダブルスーパー」シリーズを購入するのが得策だろう。

 ただ、ひんやりとした肌触りの敷きパッドは他社からも多くの商品が出ており、それらと明確な差別化ができているかといわれると、難しいところである。

【足裏冷却ジェル袋「足らくさん」/ケンユー/1296円】

 次は、ケンユーの足裏冷却ジェル袋「足らくさん」を紹介したい。フリーザーで冷やしたジェル袋を付属のニットカバーに入れ、足に装着して使用する。ジェルは冷凍しても凍結しないため、足裏にしっかりとフィットしてくれる。

 実際の使用感は、瞬間的に強烈な冷感を得られるわけではないが、心地よいひんやり感が持続する。1日の終わりに使用すれば、冷却効果だけでなく足の疲れを癒す効果も期待できそうだ。

 フィット感については、凍らないジェル袋と伸縮性のあるニットカバーのおかげで、ずれたり外れたりすることがなく、座って使用する分にはストレスフリー。ただ、ジェル袋はそれなりに存在感があるため、歩きながらの着用は難しいだろう。

 使用前にジェル袋を4時間以上冷やさなければならない点がネックではあるが、使わないときは常にフリーザーで冷やしておけば問題ない。家での使用に限られるが、確かな効能と繰り返し使える点を考えれば、コストパフォーマンスの高い商品といえるだろう。

●素早く冷却&消臭効果のスプレータイプ

【「どこでもアイスノン ジェットコールド」シリーズ/白元アース/561円】

 3つ目に紹介するのは、白元アースの「どこでもアイスノン ジェットコールド」シリーズ。服の上から直接スプレーするだけで、瞬時に冷感を得ることができるアイテムだ。プラスチック製の容器でサイズも小ぶりなため、携帯に便利な点がうれしい。「ミントの香り」と「せっけんの香り」があり、消臭機能までついた優れものだ。

 実際に使用すると、見た目よりも噴射力があり、素早く冷却効果を得ることができた。ただ、強烈な冷却効果を期待していると肩透かしを食らうかもしれない。キンキンに冷やすというよりは、さっぱりとした冷感を与えてくれる感じで、ひんやり感の強い商品が苦手な人におすすめしたいアイテムだ。

 副次的な機能ではあるが、消臭効果もかなりのものだ。汗をかいた後にサッとスプレーするだけで、香り成分がにおいの広がりをカバーしてくれた。

 一度に2つの効果が期待できる上にリーズナブルなため、試してみる価値は十分にあるのではないだろうか。

●野外イベントに最適なモバイルうちわの実力は?

【電池式携帯型ファン「モバイルうちわ」/リズム時計工業(RHYTHM)/3218円(※オープン価格)】

 続いて紹介するのは、リズム時計工業の電池式携帯型ファン「モバイルうちわ」。最大の特長であるダブルファン構造によって、高い送風性と静音性の両立を実現している。稼働には単三電池が3本必要で、本数が多い分重量は増すが、フルパワーで5時間連続使用が可能だ。

 使ってみると、うちわを強めに扇いだときと同程度の風が感じられ、送風力は高い。また、うちわよりもサイズが小さく、持ち運びの際にかさばらないのもうれしいポイントだ。自分で扇ぐ必要がない上に常時一定の風量を供給してくれるため、祭りや野外イベント、アウトドアの際に重宝するのではないだろうか。

 気になった点は、思ったよりも使用時に駆動音が出ること。屋外で使用する分には問題ないが、室内で周囲に人がいる状況での使用は難しいかもしれない。

●「首を冷やす」スカーフがバカ売れした理由

【「しろくまのきもちサマースカーフ」シリーズ/ビッグウイング/720円】

 最後に紹介するのは、ビッグウイングの「しろくまのきもちサマースカーフ」シリーズだ。約700万枚を売り上げた、ビッグウイングの看板アイテムである。スカーフ状の同商品は、首に巻くだけで涼しさを得られるという点がポイントだ。同商品の開発について、ビッグウイング代表取締役の鬼塚健一氏に話を聞いた。

「『しろくまのきもちサマースカーフ』には、4つのこだわりがあります。

 ひとつ目は、独自開発したシート状の高分子吸水ポリマーです。蓄えた水分をゆっくり気化させるので、長時間涼感を保つことができます。

 2つ目は、パッと外せる安心リング。スカーフを結ぶのではなく、専用リングで留めるだけで使えるため、どこかに引っ掛かってもリングの割れ目からスカーフが外れ、首を絞める心配がありません。そのため、小さなお子様でも安心してご使用いただけます。

 3つ目は、涼感を追求したスカーフ生地。吸水性に優れ、蓄えた水分をポリマーからスカーフの外へ効果的に発散する、綿100%の生地を使用しています。

 4つ目は、着け心地にこだわったセンター縫製です。センター部分を縫製することで、肌とスカーフの間に適度な空間をつくり、着用時の違和感を軽減しています。また、両端をV字縫製することで、首なじみがよくなる効果が期待できます」(鬼塚氏)

 実際に使用すると、これらのこだわりが非常にうまく作用しており、満足度の高い使用感を実現していることがわかる。個人的には、着用時の不快感がない点が非常にうれしかった。いくら冷却効果が長時間持続したとしても、着け心地が悪ければ意味がない。その問題をクリアしている点も、この商品のストロングポイントといえるだろう。

 鬼塚氏は、開発の経緯や苦労した点などについて、以下のように語る。

「首を冷やす商品は、他社でも数多く販売されています。しかし、多くの商品がご家庭での使用が前提で外での着用は考えられておらず、パッと見て『かっこいい』『おしゃれ』と呼べる商品はほとんどありませんでした。

 そこで、『しろくまのきもちサマースカーフ』は20代から30代の女性をターゲットに、外出時でも着用していただくことを前提に開発しました。

 そういった経緯から『すっきり』『スマートにおしゃれに見える形』『サイズへのこだわり』『4cm幅』『左右両端をテーパーカット(中央から両端にかけて細く仕上げる)』にという形状に行き着いたわけですが、この形の実現には非常に苦労しました。

 本商品のターゲット層は20代から30代の女性ですが、実際には中高年の女性のユーザーも大変多いのが特徴です。さらには、高齢者の方にも『冷たすぎない』優しい涼感を楽しんでいただければと考えております」(同)

 同商品は他社の首を冷やすアイテムと比べて、特に“スタイリッシュ”な点が際立っており、明確に差別化がされている。屋外でもファッションの一部として使用できるデザインは、特に女性のユーザーにとってうれしいポイントであり、同商品がヒットしているゆえんでもあるだろう。

 もちろん、今回紹介した5つ以外にも冷却効果に優れた商品はさまざまある。自分にピッタリのアイテムを見つけて、残暑が厳しい時期を快適に乗り切ってもらえれば幸いだ。
(文=小林倫太郎/A4studio)