大喜多 健吾(おおきた・けんご)  1978年、三重県生まれ。立命館大学大学院(理工学研究科 環境社会工学専攻)修了後、大手建設コンサルタント会社に勤務。結婚し、子どもも生まれ、順風満帆な生活を送っていたが、上司やクライアントの厳しい要求など過度のストレスから、死を考えるほどのうつ状態に陥る。やがて家庭が崩壊し、2歳の子を抱えたシングルファザーとなる。どん底の中、祖母の「人生はよくなるようにできている」という言葉をきっかけに、さまざまな宗教を学ぶ中で、仏教に強く惹き付けられる。経典や書籍を渉猟するとともに、仏教の指導者から5年間にわたって指導を受け、ブッダの教えを実践することで、どん底状態から復活する。現在、ブッダの教えや仏教の考え方を使って、多くのクライアントが抱える悩みを解決している。

写真拡大

多くの人が抱えている問題のほとんどは、仏教で語られる「煩悩、執着、偏見」を捨てることで解決します。ブッダのエピソードや名僧たちの言葉が、あなたの悩みを消し、もっとラクな生き方を教えてくれます。最新刊の『捨てる力 ブッダの問題解決入門』では、2500年の歴史に培われてきたブッダの教えに学びつつ、「こういう解釈をすることで悩みが解決し、人生が好転する」といった、問題解決法を提案していきます。多くの事例を紹介しながら、ビジネスパーソンが抱えるお金、人生、人間関係、家族、幸運などについての悩みを、仏教的視点で解決する38の方法です。

【前後際断】
過ぎ去ったことを悔やんでも、将来のことを思い悩んでも、幸せにはなれません。

「前後際断(ぜんごさいだん)」という禅の言葉があります。

「前際(過去)と後際(未来)は断ち切れている」という意味です。

一瞬一瞬が絶対的な存在であり、「過去―現在―未来」は続いているものではなく、それぞれ独立しているもの。

したがって、「過去はどうあがいても変えられず、未来がどうなるか恐れてもしかたがない。とにかく“今”に最善を尽くすべきだ」という考え方です。

夏目漱石も前後際断した

前後を切断せよ、妄(みだ)りに過去に執着するなかれ、いたずらに将来に望を属するなかれ、満身の力をこめて現在に働けというのが乃公(だいこう=我輩、俺様)の主義なのである。(『倫敦消息[ろんどんしょうそく]』より)

この一文は、明治の文豪・夏目漱石が2年間の英国留学中、病床の正岡子規に宛てて綴った手紙の一節です。

留学中の漱石は、留学費の乏しさや異国での慣れない生活から神経衰弱に悩まされていました。

それでも、「時々やけの気味になるのは貧苦がつらいのだ。年来自分が考えた、また自分が多少実行し来りたる処世の方針はどこへ行った」と自己分析し、自らを叱咤激励して、現在に向き合っていたのです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)