相手が浮気をしているに違いないなどといった嫉妬妄想が止まらなくなるオセロ症候群。深刻になると、自傷行為や暴力行為などにも発展するから、甘く考えてはいけない

写真拡大

ふとしたことで、「もしかしたら、恋人(配偶者)が浮気をしているかも」という不安に駆られた経験はないだろうか?男女の関係性において嫉妬や不安という感情は時にスパイスとして働くが、往々にしてケンカの発端や、別れのキッカケとなることのほうが多く、悪感情であることは間違いない。そんなパートナーへの猜疑心、実は病気からきている恐れもあることをご存知だろうか。(清談社 藤野ゆり)

嫉妬に狂い自殺未遂まで
「オセロ症候群」の恐ろしさ

「彼はいつでも優しかったのに、飽きられてしまうんじゃないか、浮気してるんじゃないか、という漠然とした不安感から常に抜け出せなくて、彼が寝ている間に、こっそり携帯の中身をチェックするようになってしまいました。何かキッカケがあったわけじゃないし、実際、浮気もしていなかった。でも、携帯チェックしていたことがバレて、結局別れました」(26歳・OL)

 この女性のように、こと恋愛関係になると自分を見失ったかのように、脆くて不安定な感情をむき出しにする人は少なくない。しかし、それも全ては深い愛情がさせているもの…ではなく、「オセロ症候群」という症状の1つかもしれない。

 この「オセロ症候群」、妄想性障害やパーソナリティ障害に起因している可能性もあるというのだから、甘く考えてはいけない。

「オセロ症候群とは、パートナーから裏切られるのではないか、相手を失うのではないかといった恐怖心から根拠のないネガティブな妄想を膨らませ、嫉妬心が抑えられなくなる症状のことです」

 そう話すのは、数々の著作を持つ精神科医、ゆうきゆう氏だ。恋愛中、愛されているかどうか不安になるということ自体は、それほど珍しいことではない。多くの場合、不安ながらも相手を信じようとするか、もし信じられなくても大きな問題となるような行動を起こすことはないが、オセロ症候群は嫉妬に駆られ、自分を制御できなくなってしまうところに特徴がある。

「オセロ症候群の場合、嫉妬心から浮気の証拠を必死で探したり、根拠なく相手の浮気や心変わりを責めたり、相手の行動や交友関係を監視、コントロールしようとします。また深刻な状態になると、自傷行為を行うことで相手を精神的に追い詰める。あるいは相手に暴力を振るって支配しようとする、といった極端な行動に出る。つまり、嫉妬心から来る衝動を抑えられなくなるのです」(ゆうき氏、以下同)

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)