10月4日に初のシングルCDをリリースする井上芳雄

写真拡大

10月4日(水)に初のシングル作品となる「風のオリヴァストロ」をリリースする井上芳雄。レギュラーパーソナリティーを務めるTBSラジオ「井上芳雄 by MYSELF」8月20日放送では、同曲が初めてオンエアされ、井上が初のシングルに込めた思いを明かした。

【写真を見る】ミュージカル界のプリンス・井上芳雄の美麗グラビアショット集

番組のオープニングは、恒例・今週の大貫祐一郎(ピアニスト)情報。「大貫さんは髪を切りまして」(井上)、「3cmくらい切りました」(大貫)とふれた後、稽古中の舞台について語った。

井上は現在、9月中旬からの公演を控える2人芝居「謎の変奏曲」(会場:世田谷パブリックシアターほか)の稽古真っ只中。名優・橋爪功が相手の芝居で、連日の稽古に集中しており、「先週の放送から今日までの記憶がほとんどない」と語るほど。2時間の2人芝居ゆえに、セリフ量は多く、覚えることに必死。「ラジオでしゃべっている場合じゃない」「今日はもう寝れないんじゃないかとちょっとしたナチュラルハイ状態」との言葉まで漏れた。

この日の放送は、シングル「風のオリヴァストロ」をオンエアするため、通常2曲歌唱のシークレットコンサートも1曲だけ。「気持ち、心が軽い」と井上。放送当日が神宮外苑花火大会開催日だったことを意識したのか、選ばれたのはミュージカルナンバーの「この星空」。以前井上が出演したミュージカル「二都物語」で主人公カートンが歌うナンバーで、「主人公は飲んだくれでどうしようもない男だけど、運命の人と出会った瞬間、同じ星空も見え方が全然違う、という感動をもって歌う歌。とても好きな歌です」という楽曲を、生歌で披露した。

トークコーナーは、「お悩み相談 My Answer」。「悩みに答えることに慣れてきた気がしますが、プライベートでは全然相談されない、近寄りがたいのかな?」と自嘲しつつ、リスナーから寄せられたちょっぴり深刻な悩み相談に真摯に応えていった。

3通目は「初めてのことに挑戦するとき、自信がないとき、何を考えて、どんな気持ちで向かいますか?」というメール。「毎回そうです、今でもそうです。稽古に行く時はドキドキして。覚えたてのセリフちゃんと言えるかな、相手のお芝居に自分が応えられるかなとか、うまくやれる気は全くしないし、基本的に自信なんてない。でも演出家に気に入られるとか、可愛がられたり、新しい人たちと仲良く楽しくやるだけじゃなく、新しい現場に自分の人生を変えるようなテーマや挑戦や学ぶものが待ってる。それに挑戦しに行く。それをやることに意味があるんだと言い聞かせて奮い立たせています。なので、自分を奮い立たせましょう。その為にこのラジオの番組や歌があったりすると思いたいですね」と言葉を送った。

そして、10月4日(水)発売のシングル「風のオリヴァストロ」のオンエアへ。大貫もアレンジとピアノ演奏で参加しているこの曲への強い思いを井上が明かした。

「作曲は宮川彬良さん、作詞は安田佑子さん。もともとは、テレビ番組のテーマソングで、曲だけがあったものに安田さんが詞を書かれた。その詞は、大切な人、ここから遠く“高いところ”に行ってしまった大切な人を想って歌うもの。オリヴァストロは、オリーブ色のという意味なんですけど、遠く、オリーブの実が揺れているようなところで僕達を見守ってくれている、あの大切な人に向かって歌うという歌なんです。僕は歌を歌うとき、今はいなくなってしまった人たちに向けて歌いたいとか、その人たちのことを思い出したいという思いが強いんですね。なので、この曲をシングルにして皆さんに聴いていただけることはとてもうれしいなと思っています」

曲あけには「誰しも思い出す大切な人っていると思うんですよね。思い出すときっとその人たちも喜んでくれると僕は信じてるんで」と彼のやさしさを感じさせるコメントも聞けた。

8月27日(日)のスペシャルウィーク「井上芳雄 by MYSELF」は、井上が「素晴らしく良い兄貴」と慕う俳優・橋本さとしをゲストに迎えることも発表された。橋本は、NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」のナレーションでも知られる俳優兼歌手。「ゲストと生でデュエットするのは決まりですから、もちろん橋本さんともデュエットさせてもらいます」とのこと。

最後にシングルCD「風のオリヴァストロ」はDVD付きのバージョンもリリースすることに触れ、「大貫さんの姿も映像に入っていますので、大貫さんがどんな風貌か見たいという方はぜひ(笑)。もちろん僕のことも見たいという方はぜひ初回限定盤DVD付きがいいんじゃないかと思います」と笑わせてこの日の放送は終了した。