エルナネス、「ユーヴェよりラツィオを応援した」とぶっちゃける

写真拡大

『Calciomercato』など各メディアは23日、「ブラジル代表MFエルナネスは、ラツィオでの後悔について語った」と報じた。

2010年に加入したラツィオで活躍を見せ、その後インテル、ユヴェントスでプレーしたエルナネス。

今年2月には中国超級リーグの河北華夏幸福に移籍したが、わずか半年間でブラジルへの帰国を選択し、サンパウロにローンで復帰している。

エルナネスはこれらの動きについて『Radiosei』で以下のように話したという。

エルナネス

「僕は中国に行くことを決めたんだ。なぜなら、自分は目標を達成するためにサッカーをしていたから。ユヴェントスでそれがブロックされた。だから、方向性を変えなければならなかった。

もはや、あのような稀にプレーするだけの役割でやっていきたくはなかった。その状況は気分が悪かった。

そして僕は中国へと行った。そこで適応に苦しんだ。そしてサンパウロがオファーをくれたので、心に従って選択をしたよ。

ラツィオはこれからも僕の心に残るだろうね。そこではファンとの親密な関係があった。サンパウロとローマ、この2つの街ではそれが作れた。

正直に言うよ。僕はユヴェントスよりもラツィオを応援したよ。スーペルコッパでね」
エルナネス

(ユヴェントス時代、君はラツィオ相手にゴールを決めて、スタンドに向かって喜び、批判を受けたね)

「僕は人生で幾つか後悔がある。そして、あのセレブレーションもその一つなんだ。ロティート会長に向けたものだったんだ。

しかし、ファンを傷つけてしまった。僕は彼らにとっての重要な意味を理解していなかったんだ」

(ラツィオは今夏ビグリアをミランに放出し、ルーカス・レイヴァを獲ってきたね?)

「彼らは違った特徴を持っているね。代表ではルーカスと一緒にプレーしたよ。彼は良いクオリティがあるし、好ましい選手だ。

リヴァプールとグレミオで経験があるし、中盤に質を加えてくれるよ」

「ラツィオは彼のような重要な選手とともに向上できる。実際、最初の試合でスーペルコッパを獲得したね。それは、ルーカスのDNAに組み込まれているんだ。

フェリペ・アンデルソンは信じられない能力を持っているが、彼は自分のポテンシャルにまだ気がついていない。

それが、彼が一貫性を欠いている理由だと思うよ。それでも彼は平均を大きく上回っており、成熟すればポテンシャルを証明できるさ」