回復順調の香川、同僚と“壁当てゲーム”で大盛り上がり 和気あいあい動画を公開

写真拡大

W杯最終予選メンバーに選出、ドルトムント同僚と仲睦まじい姿を披露

 ドルトムントMF香川真司は左肩の負傷から回復の兆しを見せ、24日に発表されたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表メンバーにも名を連ねたなか、同僚との仲睦まじい一幕を披露している。

 クラブ公式YouTubeチャンネルは「(after)training skill」と題して、練習後に香川をはじめ、FWピエール=エメリク・オーバメヤン、MFゴンサロ・カストロ、MFヌリ・シャヒン、DFエメル・トプラクの5人が楽しんでいるレクリエーション動画を公開している。

 5人はピッチに置かれた一枚の板に交互にボールを当てて、交互に蹴り合ういわゆる"壁当て”で対決。テニスと同じようにボレーかピッチにワンバウンドでプレーしていく。

 5周目でオーバメヤンがミスすると、一同大盛り上がり。さらにテンション上げて再開すると、今度はオーバメヤンの勢いあるキックの跳ね返りをシャヒンがミス。どうやらこのミスでシャヒンが敗者となってゲームセットとなった。

 罰ゲームはボール拾いのようで、香川がパントキックで大きく蹴り出したボールをシャヒンがとぼとぼと走っていく様子を4人が笑いながら見届けるというところで動画は終了。和気あいあいとしたやり取りの様子が伺える動画となっている。

開幕戦途中出場で「すごく悔しい」

 怪我の影響でしばらく戦線から離脱していた香川は、19日のブンデスリーガ開幕戦ヴォルフスブルク戦(3-0)に後半41分から途中出場。右サイドに入ると、同45分にはゴール前へ良い飛び出しを見せるも、浮き球のラストパスはわずかに届かず、シュートには至らなかった。アディショナルタイムも含めて約7分間プレーしたが、大きな見せ場を作れずに終わっている。

 香川は22日にブログを更新し、「僕としては怪我があったとはいえ、今プレーできる状況においてすごく悔しい思いがあります」と胸中を明かしていた。危機感を募らせていたなか、24日発表のW杯最終予選メンバーに選出されている。

 左肩の状態にいまだ不安を抱えるものの、リラックスした姿を見せており、徐々にトップコンディションが整いつつあるようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ドルトムント公式YouTubeチャンネルで公開された「香川が同僚と和気あいあいの壁当てゲーム」

https://www.youtube.com/watch?v=e6Z200LmmYo

ドルトムント公式YouTubeチャンネルで公開された「香川が同僚と和気あいあいの壁当てゲーム」