豪州を「恐れるな」 W杯予選で未勝利の“天敵”攻略へ、ハリルが要求した闘争本能

写真拡大

会見の大半を割き、オーストラリアに言及「フィジカル面で印象の強いチーム」

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア戦(31日)とサウジアラビア戦(9月5日)に向けたメンバー発表の記者会見に臨んだ。

 会見の大半はオーストラリア戦にフォーカスされ、選手たちには「恐れるな」と要求した。

 ハリルホジッチ監督はオーストラリアについて、「特にフィジカル面で印象の強いチームであり、非常にアグレッシブだ」と分析。そして、6月にロシアで開催されたコンフェデレーションズカップを視察し、そのプレーぶりに衝撃を受けたことを明かした。

「ゲームコントロールが非常に上手いチームだと感じた。そして、(ミロシュ・)デゲネク(横浜F・マリノス)の激しさにも驚いた。チリ戦では前半だけで4枚のイエローカードが出た。レッドカードでもおかしくない場面もあった。同時にメンタルをコントロールしながら安定もしている。そういった形で次の試合もやってくるだろう。相手はフィジカル的な戦いを挑んでくる。ホームでそれに耐えられなければ、我々にとって難しい試合になる」

 日本代表はオーストラリアにW杯予選で勝利したことがない。オーストラリアがオセアニア地区の代表として出場した2006年ドイツW杯でも、グループリーグ初戦で逆転負け(1-3)を喫している。そうした過去の“苦手意識”や、フィジカルに勝る相手に対し、指揮官は「恐れ」という言葉に想いを込めた。

「サポーターがいる前でできないわけがない」

「この状況を恐れてはいけない。アウェーでも相手に困難な状況を作った。なぜホームでそれができないのか。できないことはない。自分たちのサポーターがいる前で、できないわけがない。相手に2メートル近い身長の選手が多いが、そういう選手との戦いを恐れてはいけない」

 さらに、アルジェリア代表を率いて前回のブラジルW杯アフリカ予選を突破した経験を踏まえて話をした際も、「恐れないこと、それがこの状況では重要だ」と強調した。逃げ腰のゲームでは出場権を勝ち獲れない。自らチャレンジして結果を奪いに行くメンタリティーこそ、最重要ポイントになると熱く語った。

 決戦までの残り1週間、選手の頭の中からいかに悪い結果への恐怖感を取り除くことができるかが、W杯出場権獲得への鍵を握りそうだ。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

田口有史●写真 photo by Yukihito Taguchi