香港でパフォーマンスを披露する中国人民解放軍の儀仗(ぎじょう)兵(2017年7月13日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国人民解放軍(People's Liberation Army)が、厳しい体力テストに合格できない入隊志願者の増加に頭を悩ませる中、同軍の機関紙「解放軍報(PLA Daily)」は、志願者に自慰行為とコンピューターゲームを避けさせることが問題解決の一助となるとの見解を披露した。

 人民解放軍の幹部らは、志願者に最高のコンディションで試験に臨み、世界最大規模の軍隊である同軍に入隊してもらうことを所望。そこで解放軍報は今月、あまりにも多くの志願者が第一段階でつまずく10の理由をソーシャルメディア上で紹介した。

 その中で同紙は、全志願者の20%が過体重で、8%が精巣の静脈が肥大化しているために入隊を拒否されていると指摘。軍の幹部らが精巣の静脈の肥大をどう捉えているかについては言及していないものの、自慰行為とコンピューターゲームのやり過ぎ、および運動不足によって静脈の肥大が生じると説明している。

 また、目立ちやすい、もしくは大きすぎるタトゥーはご法度で、アルコールの過剰摂取に関連する肝機能障害で不合格となる志願者もいると指摘した。

 同紙によると、ある都市の志願者らは、十分に適任で健康的であると証明できず、半数以上が不合格になったという。
【翻訳編集】AFPBB News