あなたのモテ努力、男性には響いていないかもしれませんよ。

女性の感覚では“モテる”“いい女”と思うことでも、男性の感覚では「別に……」と思っていることがあるため、彼氏がなかなかできない女性や、努力が実らない女性は、間違った努力をしているのかもしれません。



出典:https://www.shutterstock.com

実は男性に響いていない女性の間違った努力を改めて確認し、モテる努力に切り替えましょう。

 

■見せることのない勝負下着

男性を興奮するさせるためにはいている勝負下着なら、男性に見せてこその勝負下着ですよね。

また、彼の好みを多少でも考慮して下着を購入している女性は、当然、見せるために考慮しているはずだと思います。

ですが、男性の好みを考慮して購入したにもかかわらず、勝負下着を全く見せないという行為は、ムダすぎる女性の間違った努力。

どうせ見せない勝負下着なら、男性としては何をはいていても、よもやはいていなくても、どっちで構わないのです。

セクシーな下着をはいていることで自分の気分は上がるかもしれませんが、見ることのない男性はこれっぽっちも興奮しないので、全くと言っていいほど功を奏していませんよ。

見せない勝負下着は、埃のかぶったダイエット器具と同じ!

使ってこそ価値があり、見せてこそ効果を示すのではないでしょうか。

 

■「彼のため…」影の努力

アバウトな表現ですが、女性の多くは、男性が気付かない影の努力をしがちです。

「実は彼のために密かにダイエットしている」などの努力ではなく、自己犠牲的な影の努力です。

例えば、職場でこっそり彼の仕事のサポートをしている……などがソレです。

このような努力をしている女性は、恵まれない良い女で終わってしまうのがオチ。

当然、気付かないのですから男性の心に響くわけもありませんし、巡り巡って彼の耳に入ったとしても、アニメやドラマのように「そんなにも俺のことを!」と、彼が思うかは微妙です。

彼のために何かをするなら、それとなく彼が気付くようにしないと、努力は一向に報われませんよ。

 

■女子力を上げる

女子力を上げればモテると思いがちですが、女子目線の女子力を上げても、男性にはモテないかもしれませんよ。

例えば、「“かわいい”で全てを判断するような女子力」「お部屋を女子力アップ的な感じでキレイにする」「趣味や習い事を始める」などは、ほとんどの場合、実らない努力となって散ってしまうでしょう。

そして、お部屋をキレイにするのは当たり前ですよね。汚いよりキレイな方がいいとは思いますが、実際にモテてから使うであろうお部屋を今キレイにしても、それが男性にモテることに繋がるのは遠因すぎます。

習い事を始める女性も、人脈が広がる趣味や習い事ならモテに繋がりやすいですが、男性っ気がない趣味や習い事、一人でできちゃう趣味や習い事は、出会いすらなく、結果、宝の持ち腐れとなり、「なんでモテないのかな?○○ちゃん凄く女子力高いのに!」と、女子力の低い友達から嫌味を言われるのが目に見えています。

“かわいい”に鈍感でも、お部屋が汚くても、無趣味で特技がない女性でも、モテる女性はモテるのです。

男性が何を求めているか……意中の彼は何を求めているか……、男性目線の女子力を上げることが、男性にモテる秘訣ですよ。

 

いくら努力しても男性にモテない女性は、努力のし過ぎかもしれませんね。

肩の力抜いて、外に出て、多くの男性と関りを持つことが、結果、一番モテることに繋がるのではないでしょうか。

【画像】

※  Kseniya Ivanova/shutterstock

【関連記事】

※ 【ワンチャン狙い…?】エッチしたくなった男が取る行動

※ 元カレの話を永遠と…「彼氏ができない女」が言いがちなコト

※ 「やってらんねーよ…」デート中に男の気持ちが冷める瞬間

※ 男性に「この子、気になるかも…!」と思わせるアピールテク

※ どーでもいいや。男の気持ちが「冷めている時」のエッチ

※ 血液型別「男の好き好きアピール」LINE【B型は一生懸命笑わせてくる!】