今井慎太郎と牛島里咲が準々決勝へ、ダブルスは男女揃って8強入り [台北ユニバーシアード]

写真拡大

「第29回 ユニバーシアード競技大会」のテニス競技(台湾・台北/8月21〜29日)の4日目は、男女シングルス4回戦と男女ダブルス2回戦などが行われた。

 シングルスの日本勢は、男子の今井慎太郎(東通産業)と女子の牛島里咲(筑波大学)が4回戦に臨み、第3シードの今井が第13シードのティムール・ハビブリン(カザフスタン)を6-4 6-4で、第9シードの牛島はブバナ・カラバ(インド)を6-1 6-2で破り、それぞれ準々決勝進出を決めた。

 ダブルスでは、前回(2015年光州大会)銅メダルを獲得した第5シードの今井/上杉海斗(慶應義塾大学)と、第3シードの林恵里奈(福井県体育協会)/梶谷桜舞(島津製作所)がともにストレート勝利で2回戦を突破した。

 混合ダブルスも始まり、林/上杉がボツワナペアをストレートで退け、初戦を突破している。

 ユニバーシアード競技大会とは、国際大学スポーツ連盟(FISU)が主催する学生を対象にした国際総合競技大会で、2年ごとに開催される。1959年にイタリア・トリノで第1回夏季大会、1960年にフランス・シャモニーで第1回冬季大会が開催された。当初は奇数年に夏季大会、偶数年に冬季大会が行われていたが、1980年代から夏冬ともに奇数年に開催されている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

◇   ◇   ◇

<日本代表チーム>

男子選手◎今井慎太郎(2016年早稲田大卒→東通産業)、上杉海斗(慶應義塾大学4年)、小林雅哉(早稲田大学2年)、伊藤雄哉(University of Texas at Austin2年)

女子選手◎加治遥(2016年園田学園女子大卒→島津製作所)、林恵里奈(2016年早稲田大卒→福井県体育協会)、牛島里咲(筑波大学3年)、梶谷桜舞(2015年早稲田大卒→島津製作所)

チームリーダー◎右近憲三

監督◎宮地弘太郎(男子)、細木祐子(女子)

トレーナー◎安田忍

--------------------

<日本チームの出場種目>

■男子シングルス

今井慎太郎(東通産業)、伊藤雄哉(University of Texas at Austin)

------------

■女子シングルス

加治遥(島津製作所)、牛島里咲(筑波大学)

------------

■男子ダブルス

今井慎太郎(東通産業)/上杉海斗(慶應義塾大学)

------------

■女子ダブルス

林恵里奈(福井県体育協会)/梶谷桜舞(島津製作所)

------------

■混合ダブルス

林恵里奈(福井県体育協会)/上杉海斗(慶應義塾大学)

--------------------

<テニス競技4日目の試合結果(日本人選手)>

【男子シングルス4回戦】

○96今井慎太郎(東通産業)[3] 6-4 6-4 ●81ティムール・ハビブリン(カザフスタン)[13]

------------

【女子シングルス4回戦】

○80牛島里咲(筑波大学)[9] 6-1 6-2 ●70ブバナ・カラバ(インド)

------------

【男子ダブルス2回戦】

○16今井慎太郎/上杉海斗(東通産業/慶應義塾大学)[5] 6-2 6-2 ●14バルナバ・コンツ/ゲルゲィ・マダラズ(ハンガリー)

------------

【女子ダブルス2回戦】

○9林恵里奈/梶谷桜舞(福井県体育協会/島津製作所)[3] 6-0 6-2 ●11リンカ・デ コック/エレンシア・バン ザイル(南アフリカ)

------------

【混合ダブルス2回戦】

○32林恵里奈/上杉海斗(福井県体育協会/慶應義塾大学)[7] 6-1 6-0 ●30Nthabiseng MOGOPODI/Aobakwe Phenyo LEKANG(ボツワナ)

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は男子ダブルスで準々決勝に進出した今井慎太郎(右)/上杉海斗
写真提供◎北崎悦子(ユニバーシアード日本代表アディショナル女子コーチ)、撮影◎藤井知之(全日本学生テニス連盟)

第29回 ユニバーシアード競技大会|JOC(日本オリンピック委員会)公式サイト

第29回 ユニバーシアード競技大会|大会公式サイト:英語版