江戸吉原のライバルだった?度々のピンチを乗り越えた人気の深川遊里

写真拡大 (全3枚)

深川ってどんなところ?

現在の東京都江東区の西側に位置する深川は、徳川家康の名により開拓されるまでは茅が生い茂る荒れた土地でしたが、深川遊里は栄華を極めた吉原のライバルとも言われるほどの人気の場所でした。寛永4年(1627)には富岡八幡宮が建立され、門前町が許可されると人も自然と集まり、次々と遊女屋が出現します。深川遊里は幕府公認の吉原遊郭と異なり、非公認の岡場所でした。

「東都名所 洲崎弁財天境内全図・同海浜汐干之図」一立斎広重

深川がピンチ?次々に降りかかる度重なる打撃

深川には深川八幡と深川洲崎がありましたが、天和2年(1682)12月に、駒込大円寺から出火し、富岡八幡宮近辺は焼け野原となってしまいました。その影響で、しばらくの間は深川には遊女屋もない状態でした。14年の時を経て、元禄9年(1696)に深川へわたる永代橋がかかり、翌年には家づくりの許可が下りたことで、深川は元の街並みに戻ったのです。2年後の元禄11年(1698)に、深川八幡に向かう通りの両側に6軒ずつ計12軒の茶屋が建ち、十二軒茶屋と呼ばれるようになりました。

ようやく落ち着いたと思いきや、今度は江戸の大地震で、宝永元年(1704)には洲崎に移転します。さらに同年に大雨による洪水のため、深川八幡はかなりの被害を被りました。一方、深川洲崎は比較的被害も少なかったので、これ以降は深川洲崎が深川遊里の中心になります。

深川での遊び方

深川も吉原と同じく内部は町名によって細かく分かれ、大見世もあれば小見世もあり、料金も遊女の質も様々。岡場所の中でも深川は少し値が張るといわれ、一切の揚代いくらというシステムでした。一切よりも長く遊びたい客のために、延長込みの「時挟み」という仕組みもありました。ロングタイムがない場合は、「直し」といって追加料金を支払います。この「直し」は茶屋にも歓迎され、茶屋からのサービスとして直し肴が供されたそう。昼夜通して、または昼だけ夜だけ買い切る「仕舞」というのもあり、何日に行くと約束すると、その日はほかの客の前に姿を現さないのだとか。

『深川の雪』喜多川歌麿

遊女屋では客から指名が入ると、まずは茶屋の仲居や船頭が検番に行って遊女の名札を確かめます。これを「札を見る」といい、名札が裏返しになっていると、客が付いているということでした。

深川で働く女は、芸者と遊女の2種類。吉原の芸者は春を売りませんが、深川の芸者は客の求めに応じることもあったとか。といっても、客の人柄やタイミング、お金次第です。あっさりとした楽しみを満喫できる、粋な客ならばOK。たとえお金は十分でも野暮な客は、きっとNGだったのでしょう。

参考書籍:田中 夏織(2002)『お江戸吉原草紙』原書房.