【選手評】ハリルホジッチ監督、初選出の杉本に「呼べて嬉しい。高い質とテクニックを持っている」

写真拡大 (全9枚)

▽日本サッカー協会(JFA)は24日、31日にホームの埼玉スタジアム2002で行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦と、9月5日に行われる最終節のサウジアラビア代表戦に向けた日本代表メンバー27名を発表した。

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は選手の選出理由と共に、負傷の状態や、コンディションに関して、心配していたことを繰り返し語った。
(C)CWS Brains,LTD.
GK

川島永嗣(メス/フランス)

東口順昭(ガンバ大阪)

中村航輔(柏レイソル)

「GKは3人だ。東口(順昭)と中村(航輔)に関しては皆さんも状態を知っている。(川島)永嗣に関しては、チームでポジションを奪うことが出来ていない。しかし、プレシーズンには多くの試合に出場し、クラブにも依頼したがセカンドチームで出場機会を得ている。このように試合に出ながら、準備しているはずだ。2-0で勝利した試合でも良い内容だったと聞いている。PKを止めたという報告も受けている。永嗣のメンタル面での影響や経験は今回の試合では必要。彼の存在は重要だ」
(C)CWS Brains,LTD.
DF

酒井宏樹(マルセイユ/フランス)

酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

長友佑都(インテル/イタリア)

槙野智章(浦和レッズ)

「DFは8人呼んだ。まずはSBが4人。酒井(宏樹)、長友(佑都)、槙野(智章)などコンディションを取り戻している選手たちだ。(酒井)高徳は前回、試合に出場していないが、彼にもポジションを勝ち取ってもらいたい。コンディションも上がっていると思う」
(C)CWS Brains,LTD.
DF

吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

昌子源(鹿島アントラーズ)

植田直通(鹿島アントラーズ)

三浦弦太(ガンバ大阪)

「そしてCBの4人だ。経験と若さがここにある。若いと少し恐れがあるかもしれないが、植田(直通)や三浦(弦太)などそういった若い選手には忍耐強く接する」

「昌子(源)など経験豊富な選手たちもいる。(吉田)麻也と昌子は長い間安定したプレーを見せている。それは重要な要素だ」

「そして、フィジカル的な戦いが待っている試合に向けて、体格もある選手たちだ。オーストラリアは14得点中、CKから5得点、PKが3つ。得点の6割がセットプレーから生まれている。彼らの長所であるセットプレーをしっかりと阻止しないといけない」
(C)CWS Brains,LTD.
MF

長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

山口蛍(セレッソ大阪)

井手口陽介(ガンバ大阪)

高萩洋次郎(FC東京)

「守備的MFだ。長谷部(誠)が復帰した。私たちにとって重要な選手だ。ケガをしていたが、復帰してから多くの試合をこなし、コンディションも上がっている。もしかしたら多すぎるくらいのプレーをしているから、少し身体を休めながらコンディションを取り戻してもらいたい。あまり試合をし過ぎると、今度は筋肉系の問題が発生する可能性が浮上する。うまく休みを挟みながら調整してもらいたい」

「そして、Jリーグから(山口)蛍、井手口(陽介)、高萩(洋次郎)だ。非常にしっかりとしたプレーを見せている。蛍には攻撃面でより良いプレーをして欲しい。身体的な特徴やテクニックを考えればもっとできるはずだ。そして、井手口も最近は安定している。私たちは視察した際に、最も高い評価を下した。ボールを奪える選手だ。積極的にデュエルにいけるし、ボールを持ったら左右どちらでもパスが出せる。若い選手に自分を出せる場を提供することを私は恐れていない」

「高萩に関しては、フィジカル的にも非常に興味深い。しかし、守備面でいくつか修正点がある。例えばプレスや底への出入りなどだ。それでも、良いグラウンダーのパスが出せるし、視野も広い。海外でもプレーしていた経験を持つ選手だ。次の試合に臨むにあたって、そういった経験が少ない他の選手に比べてもストレスは少ないかもしれない」
(C)CWS Brains,LTD.
MF

小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)

香川真司(ドルトムント/ドイツ)

「非常に攻撃的な中盤だ。何人かが復帰した。清武(弘嗣)がケガをして長い間いない。(香川)真司も負傷して心配があった。そんな中、帰ってきた選手の1人が小林祐希だ。彼はクラブでレギュラーを掴んでおり、試合に出続けている。海外のリズムに慣れていることに加えて、性格も強い。彼はプレーした場合でも問題なくプレッシャーに順応できるはずだ。そして中盤で数少ない左利きだ。左利きはあまり多くない」

「そして(柴崎)岳の復帰も喜ばしいことだ。スペインで最初は少し順応に苦しんだが、ここ最近の2試合は非常に興味深いプレーをしているし、さらに良いプレーができる。そういった能力を持っており、組み立てが素晴らしい」

「真司には心配もあったが、コンディションを取り戻している最中だ。まだ出場時間は長くないが、今回は呼んだ。直接、状態を見て、どうするか決めようと思っている」
(C)CWS Brains,LTD.
FW

浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

本田圭佑(パチューカ/メキシコ)

久保裕也(ヘント/ベルギー)

「右のFWだ。浅野(拓磨)や久保(裕也)は若い選手だ。彼らは試合に出続けている。決定力は少し足りないが、決定機には多く絡んでいる。代表で決定力をさらに上げてもらいたい」

「そして、本田圭佑。少し真司と同じような状況だ。心配してトレーナーが現地に視察しに行き、直近の試合では途中出場して得点した。しかし、多くの試合をプレーしている訳ではない。真司と同じように直接見てから、状態をチェックして、どういった役割を与えるか決めようと思っている。ただ、彼らは存在自体がチームにとって重要だ。しかし、私たちが紡いでいる物語は1人2人のものではなく、このグループでW杯に向かって進むというものだ」
(C)CWS Brains,LTD.
FW

乾貴士(エイバル/スペイン)

武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)

「武藤(嘉紀)と乾(貴士)は試合に出続けている。武藤は中央でプレーするかもしれない。彼はいくつかのポジションがこなせる。オーストラリアのDFに対して彼のスピードは面白い」

「(原口)元気はポジションとコンディションの両方を取り戻すために努力している最中だ。今シーズンは移籍するのかしないのかということも含めて、影響しているかもしれない。彼には、いつも早めの決断を下しながら行動するようにアドバイスした。そういった悩みがあった。しかし、フィジカル的に常に良い状態であることは毎回見ている。クラブとの関係については、クラブと彼の間の問題だ」
(C)CWS Brains,LTD.
FW

岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)

杉本健勇(セレッソ大阪)

大迫勇也(ケルン/ドイツ)

「中央のFWは3人だ。開幕から2戦連続で得点している岡崎(慎司)の状況は嬉しいことだ。杉本(健勇)については、以前話していた通り2年間ずっとチェックしていた選手だ。非常に質の高い選手で、体格もある珍しいタイプの選手だ。そして、彼自身もさらに進化して、フィジカル的に良くなっている。ポジションも変わって中央でプレーしている。問題が全くない状況だと思う。2年前から追跡している中で非常に良いプレーをしている。少し波はあったかもしれないが、呼べることが嬉しい。サッカーにおいて高い質やテクニックを持っている選手だ。これからも意欲的にトレーニングすれば本当に良い選手になれると思う」

「そして、大迫勇也についても心配していた。10日から12日間くらい別メニューでのトレーニングだったが、ここ1週間では合流しているし、試合にも出られるだろう。クラブのメディカルからも、私たちのメディカルからも、ポジティブな報告を受けている。その前の段階で、彼はプレシーズンの準備をしっかりと行っていたので、トップフォームを早めに取り戻すことができる」

「9人のFWを呼んだが、全員の中からスタメンを決めていきたい。効果的なプレーが求められる。そして誰が点を獲るかということではなく、勝つことが重要だ」