「新たなチャレンジはベルリンで始まる」 ブンデス公式が移籍した内田へのエール動画公開

写真拡大

シャルケ在籍7シーズンで1得点14アシスト、日本人選手で初めてCLベスト4進出

 ドイツ2部のウニオン・ベルリンに電撃移籍し、日本のみならず、ドイツでも話題をさらった元日本代表DF内田篤人。

 様々な特集動画を配信しているブンデスリーガ公式YouTubeで、新たな挑戦に臨む内田へエールを送る動画が公開されている。

「アツト・ウチダ 日本代表の新たなチャレンジ」と題された動画には、“ウッシー”の愛称でファンからも愛されたシャルケでの7年間の歩みが、プレー集として収められている。シャルケの選手としてリーグ戦で通算104試合に出場し、1得点14アシストを記録。負傷による長期離脱で過去2シーズンはリーグ戦でプレーできなかったが、加入1年目の2010-11シーズンには日本人選手で初めてUEFAチャンピオンズリーグでベスト4進出を果たすなど、偉大な功績を残した。

 動画では、「新たなチャレンジはウニオン・ベルリンで始まる」と旅立ちにエールを送っている。20代最後の年に新たな一歩を踏み出した内田は、新天地でもシャルケと同じように愛される選手となれるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ブンデスリーガ公式YouTubeが公開した、内田篤人「シャルケ時代のプレー集」

https://www.youtube.com/watch?v=c-5KzoBBbec

ブンデスリーガ公式YouTubeが公開した、内田篤人「シャルケ時代のプレー集」