【ソウル聯合ニュース】ロシア空軍の長距離戦略爆撃機の編隊が23日に韓国の防空識別圏内に進入し、韓国空軍の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したことが分かった。韓国軍関係者が24日、明らかにした。領空侵犯はなかったという。

 ロシアは防空識別圏を認めておらず、ロシアの航空機が他国の防空識別圏を侵犯するケースが多いとされる。これを受け、韓国軍はロシア側との摩擦を減らすため、ホットラインの構築を推進している。