【プレイレポ】復帰ハンターはスイッチ版『モンハンダブルクロス』で生き残れるのか!? まずは体験版でお試しプレイ

写真拡大 (全31枚)

プレイヤーキャラクターの何倍もの体躯を持つ敵に立ち向かうアクション性や、激戦の果てに打ち倒す達成感・爽快感を味わえるハンティングアクションは、ここ10年ほどで急成長して多くのゲームファンを魅了しました。

その草分け的存在として注目を集め、また現在も高い人気を誇っているのが、『モンスターハンター』シリーズです。本シリーズは様々な広がりを見せており、オンラインに特化したタイトル展開や、新たな切り口によるスマホ向けアプリのリリース、RPGを軸とした『ストーリーズ』など、多彩な活躍を見せています。

そして新たな広がりとして、8月25日に『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』が登場。3DS版『モンスターハンターダブルクロス』をベースに、グラフィック表現を向上させ、コントローラーの振動や地図の拡大・縮小といった機能も追加。また、「場所を選ばない携帯性」と「TV画面で大迫力を楽しむ」を合わせ持つ、スイッチならではの魅力も備えています。

オンライン専用の『フロンティア』シリーズを除けば、据え置き機で『モンハン』が楽しめるのはWii U『モンスターハンター 3G HD Ver.』以来。3DS『モンスターハンター ダブルクロス』とセーブデータの相互移行が可能なので、引き続き遊ぶ現役ハンターも多いことと思いますが、「大画面で『モンハン』を遊びたい」という据え置き派にとっても、今回リリースされるスイッチ版は見逃せない存在と言えるでしょう。

そのため、このスイッチ版でハンターとして復帰しようと考えている方も多いことと思います。筆者も、そんな復帰ハンター(予定)のひとり。過去作や『モンスターハンター 3G HD Ver.』もかなり遊び倒しましたが、以降のハンター生活は休止状態。今回のスイッチ版が、本格的に再開となります。

ですが、不安がないと言えば嘘になるのもまた事実。丸4年ほど離れていたため、腕前に不足があるのはもちろんですが、アクション性が広がった『クロス』『ダブルクロス』を全く触れていないのも気がかりな点です。「狩猟スタイル」「狩技」を知識としては知っているものの、実践の中でどうやって使えばいいのか、まったく分かりません。そんな雑魚ハンターは、果たして無事に復帰できるのか? 早々と行き詰まって泣きながら電源を切るのでは? 嫌な予感ばかりが脳裏を過ぎります。

そこで、製品版にいきなりチャレンジする前に、試金石としてまず体験版に挑戦してみました。そのためこの記事は「華麗なプレイヤーがスタイリッシュに体験版を紹介」するのではなく、「ブランクのあるプレイヤーがあれこれ戸惑う様子をお届け」するレポートとなります。熟練プレイヤーの方々には暖かい目で見守っていただき、そして願わくば、同じような復帰ハンターたちの指標のひとつにでもなれますように(反面教師的な意味で)。

◆「初心者向け」からいきなり初対面! ドスマッカォ狩猟

体験版ではローカルプレイも用意されていますが、他の人に頼ったら試金石にならないので、今回はひとりで挑む「オフラインプレイ」に挑戦。決して友達がいないわけではありません。

用意されているクエストは、難易度別に3つあるので、まずは初心者向けの「ドスマッカォ狩猟」に挑戦します。初心者向けなのでさすがに大丈夫! …と言いたいところですが、ドスマッカォは『モンハン クロス』で初登場を飾ったモンスター。そのため、筆者的には初対決となります。

もちろん、現役ハンターにとってはすっかり戦い慣れた相手。ネットを活用すれば、先人たちが記した攻略情報を見つけるのは容易でしょう。ですがここは、攻略情報を見ずに挑もうと決意。自らの経験と実力で未知のモンスターと渡り合うのも、『モンハン』の醍醐味の一つなので、再び現役に戻る老練ハンター気分で挑むことにします。

武器選択は、攻防のバランスに優れる片手剣を選択。そしてスタイルは「エリアル」に。もちろん、「エリアル」の使い方などはさっぱり分かりませんが、こちらも下調べなどせず、操作方法含めて現場で学ぶ実践スタイルで挑戦します。

全ての準備が整うと、マイキャラがキャンプ場に登場。あくまで体感ですが、ロード時間がかなり短めで、ストレスなく楽しめそうです。頼もしいオトモを引きつれ、早速マップを進んでいくと、今回の標的・ドスマッカォと無事対面。よし、一気に近づき華麗に抜刀攻撃だ!

“プレイヤー1 は 応急薬を 飲んだ”

Yボタンはアイテムの使用。さっそく実践で学んだ(思い出した)筆者です。これでは、老練どころか狼狽ハンターだ……。無防備同然のハンターを見逃すはずもなく、ドスマッカォが一撃を華麗に決めます。しっかりと削られる体力ゲージ。薬飲みたいのは今だよ!

ようやくXボタンやX+A同時押しの攻撃などを繰り出し始め、ドスマッカォとの戦いをスタート。カンガルーを思わせるトリッキーな動きに翻弄され、お互いに攻撃が当たる泥仕合を展開する羽目に。ドス系と侮っていたら、応急薬がみるみるうちに減っていきます。

そこで起死回生を狙って、エリアルに初挑戦! 挑戦と言っても「えーと、エリアルってどうやるんだ…このボタンはガードだしな…いやいや納刀してどうする」みたいな状態でしたが、初心者向けクエストなのが幸いし、なんとか初エリアルに成功! しかもモンスターへの初乗りも果たしました。もちろん、「やったー!」よりも「えっ、なに、これ、どうしたら!?」と狼狽えた挙げ句あっさり落ちましたが。この辺りは、今後の課題にしよう……。

オトモの助け(オトモが攻撃されている間に応急薬を飲んだり)もあって、ドスマッカォの討伐はなんとか成功。基本的な操作も思い出したので、滑り出しはなんとか成功といったところです。ちなみに、クリアタイムは……討伐できたんだからよしとしよう! うん!

◆中級者向けだけど“お馴染み”でちょっと安心!? ベリオロス狩猟

中級者向けでは、フィールドを縦横無尽に動き回る素早いフットワークや、食らうと雪だるま状態になってしまう冷気ブレスなど、なかなか手強い「ベリオロス」と対峙します。制限時間は、初心者向けと同じく25分。侮れない敵ですが、ドスマッカォの時よりも幾分か楽な気持ちで挑めました。

というのも、ドスマッカォと違ってベリオロスは、過去作で何度も戦った相手。初見の時は対処の糸口も見えずにボロボロにされたものですが、さすがに戦い慣れている相手。久しぶりの対決とはいえ、戦いの経験がある強みを活かせる相手なので、幾分か有利に戦えることでしょう。

今回は、愛用武器の大剣をチョイス。スタイルは……エリアルはなんだか大変そうだったので、ブレイヴを選択。体験するのは初めてですが、納刀アクションがカギになるという知識だけがあります。それをどう活かせばいいのかは手探りですけども!

そんなあやふやな感じで幕を開けたベリオロス狩猟ですが、やはり動きが分かる安心感は別格。跳びかかりをかわして左右に回り込み、翼の棘や尻尾の切断を狙います。隙あらば頭部にも攻撃を加え、牙の破壊も平行。たまに雪だるまになるものの、オトモが即座に破壊してくれるので安心です。

こう書くと快調そうに聞こえますが、応急薬グレートはガンガン減っており、達人プレイとはほど遠いことは記しておきます。とはいえ、大きなピンチに陥ることもなく、また頻繁に納刀する大剣とブレイヴスタイルの相性は良好。特に狙っていない時でも受け流しが成功して、なんだかお得な感じです。

そんな緊張感低めの狩りを続ける中、ふと時計を見ると20分針。あれ、このままではまずいのでは……? 制限時間という新たな敵が立ちはだかり、慌てて罠を持ち出すわ大タル爆弾を担ぎ出すわと、スタイリッシュさの欠片もなくアイテムを続々投入。

足を引きずり始めたので、「捕獲で終わらそう!」と見栄も張らずに方針転換を決定するも、捕獲用麻酔玉がないという事実に直面。半泣きで攻撃を続けていると、幸いダメージもそこそこ与えていたらしく、それ以上針が動く前になんとか討伐に成功しました。クリアタイムは、滑り込みの23分51秒。死なないだけじゃ勝てないのが、『モンハン』の厳しいところであり、醍醐味です。なんとか勝ててよかった……。

◆復帰ハンターの手に負えるのか!? バルファルク討伐

そして残った上級者向けクエストは、バルファルク討伐。公式サイトに掲載されている情報や、発表当時の映像なので、知識としては知っている相手です。もちろん、戦うのは今回が初。未知の相手であり、まちがいなく強敵であろうバルファルク。体験版の最後を飾るに相応しい相手です。

しかしこちらもハンター歴だけは長く、数々のクエストをクリアしてきた実績もあります。太古の塊を元にエピタフプレートをゲットし、拡散弾で猛威を振るい、スキルを積みまくった経験が! ごり押しの歴史がここに。いやいや、ハンターとモンスターは互いに狩り合う関係。勝たねば生き残れないのです。したたかさも強さのひとつと解釈し、いざ対決!

“0分針 で 1落ち”

速攻にも程がある。いやその、一応立ち回りは気を付けていたつもりなんですが、一撃一撃が重い上に、ベリオロスを優に上回る機動性の高さ、更に攻撃範囲の広さと、まったく付け入る隙がありません。ダメージを食らったので回復しようと思ってかなり距離を開けたら、エライ射程の長い突き刺し攻撃も来ますし。

少しは攻略の糸口を見つけようと、キャンプから再出発。今度は出来るだけ相手の動きを見きり、安全圏を模索します。攻撃を見切るのも『モンハン』の基本。すでにいくつかの攻撃は見たので、あとは対処するだけだ!

「側面に回り込めば大丈夫だろう! ……あ、横方向にいても攻撃食らうんですね、すみません」「さっきはこの距離で突き刺し食らったので、避けてから回復だ! ……あ、左右で突き刺す時もあるんですね、ごめんなさい」

なぜか始終謝り続け、まったくラチが明かずあっさり2落ち。一応、10分針までは持ちこたえました。もはや狩猟ではなく生存が目的となりつつありますが、めげることなく三度目の正直。これがやられたらクエスト失敗なので、無闇に気合いが入ります。

気合いが入ったはずなのに、バルファルクの正面でピヨり状態。あ、これダメなヤツだ。

こんな予想ばかり大当たりで、「これ以上復活できません」の表示が。本当に「お疲れさまでした!」だよ! こうして復帰ハンターの挑戦は、その知識や経験も空しく、バルファルクの前に膝を折る形となりました。む、無念……。

◆好感触の体験版を経て、新たな戦いとなる製品版へ!

結果は情けないものの、『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』は実に遊びやすい手応えでした。大画面&グラフィックが向上しているので、周囲の状況が理解しやすく、モンスターも補足しやすいと実感。コントローラーで遊べるのも、嬉しいポイントです。

あくまで体験版での体感ですが、フィールドを移動する際のロード時間も短く、ストレスもほとんどありません。製品版との差異はまだ不明ですが、大きく変わらなければ危惧するレベルではないと思います。

またグラフィックの向上は、戦いやすさだけでなく、ハンターやオトモの見た目にも貢献しており、着替えの楽しさや愛着度にも大きく影響しそうです。体験版では決められた装備&オトモでしたが、自分でチョイスできるとなると楽しさも倍増でしょう。

何より筆者としては、今回のリベンジをすべく、製品版の購入を改めて決意しました。バルファルクに対しては、今も「こいつどうやって倒すんだよ……無理じゃないのか……」と負け犬な思考になっていますが、これは過去作の『モンハン』で何度も味わってきた感情でもあります。

その都度、対抗策を練って腕を磨き装備を集め、ヒヤヒヤしながらも倒した経験は、シリーズファンなら誰しも味わったことがあるはず。今回も、おっかなびっくりしつつ、何とか乗り越えてみせます。同じように、本作で復帰しようと思っているハンターの方々、共に激戦へと立ち向かいましょう! 勝てなかった時はオンラインに繋いでなんとかしよう! 復帰ハンターにも栄光と祝福あれ。

『モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.』は2017年8月25日発売予定。価格は、パッケージ版が5,800円(税抜)、ダウンロード版が5,546円(税抜)。Nintendo Switch本体同梱版となるスペシャルパックは、36,280円(税抜)です。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2015, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

■関連リンク
スイッチ版 公式サイト