衝撃デビュー弾の本田、現地メディア「ベスト11」選出 「KEISUKE」の名前で凡ミスも

写真拡大

メキシコ公式戦初出場初ゴールの本田 3トップ右でメキシコメディアのベスト11に

 パチューカの日本代表FW本田圭佑は、現地時間22日に行われたメキシコリーグ(リーガMX)第6節ベラクルス戦でメキシコ公式戦初出場初ゴールという特大のインパクトを残した。

 この活躍ぶりによって、本田は途中出場ながら現地メディアの今節ベストイレブンに選出されている。

 本田をベストイレブンに選出したのは、メキシコメディア「メディオ・ティエンポ」。本田は後半12分に途中出場し、投入直後にミドルシュートとダイビングヘッドでゴールを狙う姿勢を見せると、同28分にはスルーパスを受けてからのドリブルシュートをゴール右隅に突き刺し、2万4000人が詰めかけたスタジアムを大いに沸かせた。

 同サイトは貪欲な姿勢を評価したようで、4-1で勝利したパチューカからMFエリック・グティエレス、2得点を挙げたMFビクトール・グスマン、そして3トップの右で本田をリストに入れている。

 本田の描写については「デビュー戦となったベラクルス戦で4点目のゴールを決めた日本人フォワード、ケイスケ・ホンダも名を連ねた」と40分に満たないプレー時間でも結果を残したことを称えている。

本田の名前が「KEIZUKE」に

 現地では試合後に本田の会見が特別に開かれ、大々的にその動向が伝えられるなど、1試合目にして“スペシャル”な存在へとなっている。

 もっとも、同記事内にあるベスト11の画像では「KEIZUKE HONDA」となっており、「KEISUKE」の名前で凡ミスも見られるなど、メキシコ国内で名前の浸透は十分ではないようだ。

 現地時間26日に控えるティファナ戦でも結果を残せば、さらなる注目を集めるのは間違いない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【画像】MedioTiempo公式ツイッターに投稿された「今節ベスト11」 本田の名前スペルミスも

https://twitter.com/mediotiempo/status/900582638230130688

MedioTiempo公式ツイッターに投稿された「今節ベスト11」 本田の名前スペルミスも