アメリカの特装車メーカーの正規代理店にも

 東京都・江東区にある東京ビッグサイトで開催となった「エンディング産業展2017(ENDEX)」で、光岡自動車が17日に発表した新型寝台霊柩車「フュージョン」を展示し、一般に公開、そして同日8月23日(水)よりより全国一斉発売した。また、アメリカのクオリティコーチワークス社と正規取扱店契約を交わし、輸入霊柩車「リンカーン MKT センターストレッチリムジン」を同日より日本国内で発売開始した。

 今回発表した新型寝台霊柩車「フュージョン」は、寝台車としての利便性を保ちながら、霊柩車としても使用できる新しいタイプの霊柩車。

光岡自動車は昨年の同展にも、ミニバン霊柩車であるヴェルファイアをストレッチした乗車定員5名のモデルを出展したが、今回のこの「フュージョン」は、家族葬など近年の葬儀の縮小化を受けて提案されたモデルで、寝台車としての利便性と、霊柩車としての機能を兼ね備え、搬送業務と霊柩業務の二役を一台で担う多機能車としている。基本的にはボディのストレッチはなく、乗車定員は3名。

 特徴的なのは、クォーターピラーに設けられた「KIZASHI(キザシ)」と名付けられた、世界初となる LED ランドボーを装備している(意匠登録出願中)こと。また、連続するリヤゲートガラスまで伸びる造形のカバーを使用し、お見送りという、霊柩車にとって重要な車両リヤ側の演出に配慮している。内装(棺室)は、キルティングステッチのレザー装飾に、LED 照明や化粧パネル、高級ステンレス棺台という装飾で、高級感を演出する。

 アルファード フュージョンの車両寸法は、全長4915×全幅1850×全高1880 (4WD は全高1895) mm。ストレッチャー兼用棺台は2100×620mm。車両本体価格(消費税抜き)は432万円(2.5X FF)から455万円(2.5X 4WD)となっている。今回出展されたのは、アルファードをベースとしたモデルだったが、このフュージョンは、ヴェルファイアやエスティマをベースにしたモデルも設定されている。

アメリカのクオリティコーチワークス社は、カリフォルニア州オンタリオにある世界でも有数の特装車両専門メーカー。「リンカーン MKT センターストレッチリムジン」はフルサイズ・クロスオーバーのMKTをベースに、1220mmものストレッチを施し、全長は7.2m越えという車両となる。アメ車をベースにした霊柩車の人気も根強いということで、以前からの取引もあったようだが、今回、光岡自動車はクオリティコーチワークス社正規取扱店となった。

 このMKTのリムジンは車両サイズが全長7215×全幅1955×全高1750mm。乗車定員は5名となる。車両本体価格(消費税抜き)は1375万円となる。

 霊柩車はもちろん、エグゼクティブ用のストレッチリムジン、装甲車、防弾車など、極めて専門性の高いコーチワークを得意とする。光岡自動車としても、このメーカーの技術を学びつつ、今後は霊柩車以外にも乗用リムジンなど、クオリティコーチワークス社製の特殊車両を取り扱っていく予定だという。