土砂崩れに襲われたスイス・ボンド村の様子を映した動画の一場面(2017年8月24日作成)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(写真追加)スイス南東部グラウビュンデン(Graubunden)州で23日、土砂崩れが発生し、同国人の他、ドイツ人やオーストリア人を含む8人が行方不明となっていることが分かった。警察当局が24日、発表した。

 同州の警察当局は声明で、「バル・ボンダスカ(Val Bondasca)地方で土砂崩れに遭遇した8人が行方不明となっている」と明らかにした。

 土砂崩れは23日朝に発生。イタリアとの国境付近に位置する村、ボンド(Bondo)に泥や岩などが流れ込み、100人近くが避難を余儀なくされ、一部はヘリコプターで救助された。

 警察はまた、納屋や家畜小屋など、農業施設12棟が土石流により破壊されたと明らかにしている。
【翻訳編集】AFPBB News