クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの過去の名作は今、何を思う?

写真拡大

いよいよ8月25日にリリースされるクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの最新アルバム『VILLAINS』発売直前スペシャルとして、友人で音楽家/放送作家/プロデューサーのリアム・リンチが、バンドの過去作品に最新作『Villains』の感想をインタビューするというユニークなティザー動画が公開されている。

◆ティザー動画

2004年リリースの『Songs For the Deaf』との会話では、当時在籍したメンバーの不在をネタにするなど、ファンなら思わず吹いてしまうようなネタがてんこ盛りだ。メイキング動画も併せて公開されているので、併せて楽しんで欲しい。

先日公開された「The Evil Has Landed」が、MOJO誌に「おそらく過去最狂にエキサイティングなクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの楽曲だ」と絶賛されるなど、新作に対する期待が高まる中、いよいよ今週、その全貌が明らかとなる。

全米チャートで1位を獲得した前作『…Like Clockwork』以来4年振りとなる本作には、マーク・ロンソンの他、共同プロデューサーに、長年のパートナーでグラミー賞プロデューサーのマーク・ランキン、そしてレコーディング・エンジニアには、Creation Records全盛期のマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、ライド、スワーヴドライヴァーらの作品に関わり、アークティック・モンキーズやフー・ファイターズも手がけるアラン・モウルダーという鉄壁の布陣を迎えている。紛れもなく絶頂期にある彼らが、前人未踏の領域へと踏み出し完成させたロック・アルバムが『Villains』だ。

なお、国内盤(スリーヴケース付)には歌詞対訳と解説書が封入され、スペシャル・フォーマットとして数量限定のオリジナルTシャツ付セットの販売も決定。iTunesでアルバムを予約すると公開中の「The Way You Used To Do」「The Evil Has Landed」の2曲がいちはやくダウンロードできる。

■アーティスト写真撮影:Andres Neumann

アルバム『Villains/ヴィランズ』
2017/08/25 FRI ON SALE
国内盤CD(スリーヴケース付):解説書/歌詞対訳封入
スペシャル・フォーマット:オリジナルTシャツ付きセット(S/M/L/XL)
label: Matador / Beat Records
cat no.: OLE11822

Tracklisting
01. Feet Don't Fail Me
02. The Way You Used To Do
03. Domesticated Animals
04. Fortress
05. Head Like A Haunted House
06. Un-Reborn Again
07. Hideaway
08. The Evil Has Landed
09. Villains Of Circumstance