【インタビュー】千歌繚乱出演バンド・DIMLIM、重くて暗いサウンドと負の感情の融合

写真拡大

<千歌繚乱vol.13>に出演するDIMLIMは、2017年6月に始動したばかりのバンド。

活動を始めてからまだ二カ月たらずだが、メタルを基調とした重厚なサウンドに魅了されるファンも多い。始動すぐにYouTubeで公開したミュージックビデオも既に24万回の再生数を記録、6月3日に池袋BlackHoleにて行われた始動ワンマンライブもソールドアウトしているほどだ。このインタビューでは、少しだけ彼らの素顔に迫ってみる。

◆アーティスト写真・ミュージックビデオ

※本記事は8月29日(火)に渋谷REXにて開催の<千歌繚乱vol.13>で来場者限定で配布される「千歌繚乱 ARTIST BOOK」掲載のインタビューの一部を事前に公開するもの。「千歌繚乱 ARTIST BOOK」ではメンバーへの一問一答アンケートなど、より深い内容が掲載されている。

   ◆   ◆   ◆

■人の心のダークな部分に共鳴するような音楽を奏でたい

――DIMLIMのメンバーさんはどのようにして集まったのでしょうか。

烈(G):もともとドラムの壱世がD.I.D.というバンドに所属していて、僕とボーカルの聖がD.I.Dのローディーをしていたんです。その頃、竜弥はDeviloofというバンドでギターを弾いていてD.I.D.と対バンする機会があったときに知り合いました。そこでみんなでバンドの話をしているうちに「一緒にバンドやりたいですね」という話になってDIMLIMを結成したんです。ベースの翼は、いつの間にかいたというか(笑)。

――D.I.D.もDeviloofもヴィジュアル系バンドながら、メタル要素の強い激しいバンドでしたが、DIMLIMも結成当初からその系譜を引き継ぐイメージだったのでしょうか?

壱世(Dr):いえ、特に意識しているわけではありません。曲も考えて作っているというよりは、自然に出てくるものを形にしているだけで。まぁ、メタルっぽい激しいドラムも踏めちゃったんでやろっかなっていうだけかな。ただ、他ができないとかやらないようなことはできてると思います。

聖(Vo):僕らは何かを意識したりコンセプトを設けたりしているわけではなくて、そのときそのときの心境にあわせた音楽を作っているんですよ。ですから曲ごとにイメージが変わりますね。

烈:DIMLIMのバンド名も実はあまり深い意味はなくて、薄暗いという意味の“DIM”と、歯車という意味の“LIM”を組み合わせた造語なんです。音の響きもいいし字面もいいなってこのバンド名にしました。

聖:僕はこのバンド名に“暗い部分に誘導する”というイメージを持っています。明るく前向きに生きよう、ってよく言われますけど、人には絶対にマイナスな部分もあるし。人の心のダークな部分に共鳴するような音楽を奏でたいなと思っています。

――アーテイスト写真もダークなイメージですが、みなさん見た目通りのキャラクターなんでしょうか。ぱっと見ではみなさん全員結構怖くてイカついんですが…(苦笑)。

壱世:一番見た目通りでヤバいのは聖かな(笑)。普段は静かな印象なんですが、ステージ上がると豹変しますね。最近ヴィジュアル系界隈でもあまり見ない、血糊を使ったパフォーマンスとかもするし。一番明るいのは翼。翼はバンドのムードメーカーですね。

翼(B):壱世さんはこう見えてチャラい…けどまだ一歩チャラくなりきれてない人(笑)。でもほとんどの楽曲を壱世さんが作ってるし、バンドではボス的存在ですね。僕らの曲って結構激しい曲調なんですが、ドラムプレイはクールだし魅力的なドラマーです。

聖:烈も魅力的なギタリスト。ほかのギタリストより圧倒的にいいステージングをするし、これから類をみないギタリストになると思いますね。

烈:竜弥は職人気質なギタリスト。性格は穏やかなんですがギターに関してのこだわりがかなり強くて。竜弥と俺、2人いてちょうどバランスが取れているなと思います。…まぁ今日このインタビューに遅刻してきたんですけどね(笑)!

竜弥(G):すみません…(苦笑い)。

――正式に始動してからまだ一カ月半くらいですが、ライブ本数も多くて忙しいですよね。

烈:週に二本はライブしていますね。

壱世:このペースだと死ぬね(笑)。でもライブはこれからもたくさんやっていきたいと思っています。

――やっぱりどちらかというと音源よりもライブで勝負する側のバンドですか?

壱世:というよりも、俺らはバンドで食っていきたいからライブはある意味ビジネスですね。いろんなことやらないと。

――遊びじゃないですもんね。バンド活動をビジネスだと捉えることは大事なことだと思います。振り返ってみると、始動を発表してからいきなり怒涛の活動でしたよね。

竜弥:4月にバンドの情報を解禁して、同時に「アハレワタ」のミュージックビデオを解禁、6月には会場限定でミニアルバム『VARIOUS』をリリースしました。

――この「アハレワタ」はどんなテーマで制作されたんですか?

壱世:始動と同時に公開した楽曲なので、ファーストインパクトをガツンと与えられる曲にしたいという思いで作りました。誰も聴いた事のない曲にしてやろうって気持ちもあったかな。

聖:歌詞のテーマは、愛です。好きでたまらないけど自分のものにならない人を自分のものにするにはどうしたらいいのか、と考えたときに究極のところ自分に取り込んでしまうのがいいんじゃないか、という思いから歌詞を書きました。そもそも『VARIOUS』自体が、哀しみや愛といった人間の感情を表した作品だったんです。

――顔面血まみれのミュージックビデオには度肝を抜かれましたが、“自分に取り込む”というイメージからああいった演出になっていたんですね。

聖:いや、あの映像をどう受け止めるかは、見た人に委ねます。答えはないんで。

――この「アハレワタ」も収録されている『VARIOUS』は、8月23日(水)に改めてミニアルバムとしてリリースされるんですね。

烈:そうです。会場限定で販売していたんですが既にそれがソールドアウトしていることもあり、全国流通盤としてリリースすることになりました。

壱世:通常盤、初回限定盤の2形態でリリースするんですが、両方とも会場限定盤には入っていなかった曲が入ります。初回限定盤に付属するDVDには「アハレワタ」と新曲「初潮」のミュージックビデオも収録されています。

――それぞれアルバムで一押しの曲を教えてください。

竜弥:「MASSACRE」です。この曲は9月にラウド系バンドが集まるイベントに出演するんですけど、そこで通用できるような曲が欲しいなと思って、急遽自分が作ったんです。だからラウド系が好きな人からはビジュアル系っぽくないって言われるし、ライブではウォールオブデスもあるし、ジャンルに捉われない楽曲にできたなと思います。

烈:その逆で、「浄土の花」は一番聴きやすいかと。バラードなんですけど、聖の歌を聴いていると感情が湧き出してくるというか。普段のイベントライブではあまり披露しないんですけど、ワンマンライブとかここぞのときに披露するために温めてます。

翼:やっぱり「アハレワタ」は絶対聴いて欲しいですね。ライブでも一回も外したことのないくらい定番の曲だし。でも初回限定盤に入ってる「Regret」や、会場限定盤にしか入ってない「Destroy a desire」もお客さんには人気なんだよなー。

壱世:僕は新曲「初潮」ですね。これはうるさい音楽に興味がない人でも違和感なく聴いてもらえるかと思います。

――「初潮」の歌詞はどんなテーマで書かれたんですか?

聖:感情的に書いた歌詞なんで上手く伝えられないんですけど、“どうしようもなくなったもの”をテーマに書きました。

――“どうしようもなくなったもの”とは。

聖:今更どうしようもない過去のこととか、取り返しのつかないことをしてしまった後悔とか。具体的なエピソードを描いているわけではなく、あくまで抽象的なイメージなんですけど。

――タイトルも歌詞にリンクしているのでしょうか。

聖:僕の中ではリンクしてるんだけど、ストレートな意味でこのタイトルにしたわけではないので、歌詞を見て私はこう思う、僕はこう思う、とか考えてみて欲しいですね。自分なりの答えを見つけたら、ぜひ聞かせて欲しいです。

――聖さんが歌詞に何を描いたのか気になりますね。

聖:もともと僕は歌詞のストーリーを提示して「こうなんですよ」って言ってから曲を聴いてもらうのは好きじゃないんですよ。先入観をもって曲を聴いて欲しくないんです。ただ「浄土の花」は珍しく、「これはこうなんだよ」ってストーリーを提示した曲です。痛々しくて悲しい実体験をもとに書きましたね。

――歌詞に対するこだわりが伝わってきました。楽器隊のみなさんのこだわりは?

翼:真面目に弾かないことですね。

――え?

翼:だってお客さんは誰もベースの音なんかわからないじゃないですか。ライブでミスして音外してしまったときも、誰にも何も言われなかったし。でも音を外したはわからなくても、音が飛んじゃったらわかる。ベースってそういう楽器なんです。鳴っててわかんなくても鳴らなかったらわかる。だから逆に、鳴らないところを作ってインパクトをつけています。

――なるほど。

竜弥:僕はきれいなフレーズを弾くこと。

烈:究極言ったら、こだわりなんてないです。いや、言えないです。ギターはもちろん大好きだけど、あくまで自分を表現する武器というか。単に直感的に自分の中にある好き嫌いに基づいて音を出しているだけって言ったらいいかな。自分の中で好き、嫌いの線引きはあるけど、公言するほどのこだわりはないです。

壱世:僕も自分が叩きやすいようにやってるだけです。

――これまでのバンド経験に基づいた本能的な部分もあるのでしょうね。ちなみに聖さんはDIMLIMが初めてのバンドだとか。

聖:そうですね、だからまだよくわかんないことも多いです。

――ヴィジュアル系バンドのフロントマンとしてステージ立ってみた印象は?

聖:「へー」って感じでした。もともとヴィジュアル系は好きだったし聴いてたけど、実際にステージ立ってみたら思ってたのと全然違いました。もっと熱くて頭おかしい世界かと思ってた。

壱世:うーん、確かにちょっと前と比べるとバンギャが大人しくなった気がします。僕らより大きなバンドのライブを見てたとき、ボーカルがフロアに下りて煽ってるのに観客が誰も突っ込んでいかないってのを見ちゃって。あと昔はSEが鳴ったら歓声が上がってたのに最近はシーンとして聴く体制に入ってるとか。確かに悪いことしてるわけじゃないんだけど、何か熱を感じないというか。

翼:ルールとか気にすんなよってこと?

壱世:いや、ルールがあるのはわかるけど熱くなるところと控えるところ、間違ってないか?と。

――<千歌繚乱vol.13>当日は、お客さんに熱いライブを楽しんで欲しいですね。最後にみなさんの今後の目標を教えてください。

竜弥:2018年1月27日(土)に高田馬場AREAで1stワンマンライブがあるので、とりあえずそれを成功させたいです。

翼:んーすごい人になりたいです。

聖:僕は、認知されたい。

烈:他のバンドから「対バンしたくない」って言われたいですね。(良い意味で)楽屋でみんなでワイワイしてるのとかちょっと…バンドって楽しいものだけど真剣だしなぁって、お遊びでバンドやってるわけじゃないし、もうちょっとバチバチしてもいいんじゃないか、ぬるいなって思うんで、俺らはそういう他と色んな意味で一線を画すバンドになりたいです。

壱世:確かにお遊びじゃない。バンドでしっかりビジネスしたいですしね。給料が出るくらい。でもホストみたいにお客さんに馴れ馴れしく営業するんじゃなくて、ちゃんと需要と供給があって、バンドとしてビジネスになっていることを実証したいです。

翼:ビジネスっていうとなんか嫌なヤツみたいだけど、売れるためには実際問題お金も必要だし、ライブ見てなにが心に響くものがあれば、グッズとかCD買ってほしいですね。

取材・文◎Yoko Hattori(BARKS)

<千歌繚乱vol.13>
日時:2017年6月20日(火)開場16:00 開演16:30
開催日時:2017年8月29日(火)開場17:00/開演17:30
出演:ヴァージュ/グリモア/シェルミィ/DIMLIM/MEIDARA/メリーバッドエンド
会場:渋谷REX
料金:【一般チケット】3,800円 【当日券】4,000円
※ご来場の方に出演バンドのインタビューが掲載された「千歌繚乱ARTIST BOOK」を差し上げます
※当日会場ではバンドのレアグッズが当たる「バンドくじ」企画実施
※その日のライブの写真がすぐに手に入る「ライブ写真即売会」開催
チケット受付:
7月19日(水)12:00〜8月28日(月)
チケット購入ページURL:
[イープラス]
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002231039P0030001

Mini Album『VARIOUS』
2017年8月23日(水)RELEASE

■初回限定盤
¥2,500 (Tax in))DMLM-0001
[CD]
1.アハレワタ
2.THE INVISIBLE
3.limit of reverse
4.MASSACRE
5.Regret
6.「初潮」
[DVD]
1.アハレワタ(music clip)
2.「初潮」(music clip)

■通常盤
¥2,000 (Tax in)DMLM-0002
[CD]
1.アハレワタ
2.THE INVISIBLE
3.虚妄の歌
4.浄土の花
5.Regret
6.「初潮」

<DIMLIM 1st ONEMAN LIVE【THE SILENT SONG】>
2018年1月27日(土) 高田馬場AREA
開場 17:30/開演 18:00
前売:¥3500/当日:¥4000 ※D代別
※入場特典無料配布CD音源あり
[チケット先行(先着)受付]
2017年8月23日(水)〜9月30日(土)
■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002227024P0030001
[チケット一般発売]
e+10月14日〜

関連リンク
◆千歌繚乱 オフィシャルサイト
◆千歌繚乱 チケット購入ページ
◆DIMLIM オフィシャルサイト