負傷明けの大迫を強硬招集、ハリル監督「心配していた」 豪州戦ぶっつけ本番起用も

写真拡大

7月31日の練習時代で右足首靭帯を損傷 怪我の影響でブンデス開幕戦も欠場

 ハリルジャパンの軸はこの男だろう。

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は7月31日の練習試合で右足首靭帯を損傷し、しばらく戦線から離脱していたケルンFW大迫勇也の強行招集に踏み切った。

「そして大迫勇也。彼も少し心配していた選手だ。12日間くらい、別メニューを行っていた。ここ1週間はトレーニングに合流しているし、試合にも出た。メディカルの報告を受けたが、我々からもクラブからもポジティブだ。その前の段階で彼はプレシーズンの準備もしっかりしてきている。トップフォームを早めに取り戻せる状態にある」

 ハリルホジッチ監督は記者会見でこう語った。大迫は開幕戦のボルシアMG戦を欠場したが、すでにチーム練習に合流。現地時間25日のハンブルガーSVで今季初出場を果たす可能性も浮上している。

 大迫はハリルジャパンで1トップとしての立場を確立している。絶妙なポストプレーに加え、6月13日の最終予選イラク戦でもゴールを決め、1-1ドローに貢献した。だが、ぶっつけ本番になる可能性もあるエースのコンディションを憂慮したのか、ハリルホジッチ監督はFWに大量9選手も招集している。

FW9人招集の意図をハリル監督が説明

「今回、ご覧のとおり9人のFWを呼んでいる。その中から全員を見たうえでスタメンを決めていきたい。効果的なプレーをすることがFWには求められる。そして誰が点を取るのかではなく、勝つことが重要だ。以上が今回のリストだ」

 指揮官は9人を招集した意図を説明し、あくまで「勝つことが重要」と強調した。しかし、怪我人の多さは不安要素の一つで、ハリルホジッチ監督も頭を抱えているという。

「何か問題があれば、バックアップの選手もいる。たくさんの怪我人がいるので、その点は心配だ。イラク戦の時も怪我によって不在の選手が何人もいた。役割を変えたり、チームの形を変えたりもした。我々のプレーの連続性や継続性を考えるとそれは心配だ」

 パチューカの日本代表FW本田圭佑も右ふくらはぎの怪我から復活したばかり。不確定要素の多いなか、迎える負けられない最終予選2連戦。昨季はブンデスリーガで自己最多7ゴールを決めた。故障明けのストライカーは、エースとしての重責を担うことになるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images