@AUTOCAR

写真拡大 (全8枚)

「e-トロン」SUVの開発 終盤に

アウディは、「e-トロン」SUVの開発が、終盤に差し掛かっていると説明する。厳密には、トラクションコントロールの最後の煮詰めの段階だという。

最新のスパイ写真によると、ボディ全体にカモフラージュが施されている段階だが、マフラーが存在しないなど、電力によるパワートレインであることがわかる。

なお、ホイール中心部から伸びるワイヤーは、トラクションをブーストするソフトウェアの効率を調べるためのもののようだ。

当初のコンセプトに比べると、やはり製品版はトーンダウンしそうだということもわかる。アグレッシブなフロントの表情や、チャレンジングなルーフ後端の造形などは、いくぶん落ち着いているようだ。

アウディ関係者はこのクルマを「プレミアムブランドが作る、初のプレミアムEV」だと説明する。I-PACEをやっつけ、優れたスタートを切るためには効果的なキャッチコピーだと言えるだろう。

デビューはいつ頃になるのだろうか。

「e-トロン」SUV、デビューはいつ? 課題は?

アウディのセールス&マーケティング部門によると、どうやらe-トロンは、2018年に公開する予定らしい。

「400〜500kmの航続距離を見込んでいます。同時に充電インフラの拡充にも力を注いでいます」

「ただし、ひとえに『インフラ拡充』といっても、われわれアウディが、独自で充電設備を設けるようなことはしません。理想的なパートナーを探し、協業するという運用がベストだと考えています」と同部門は語る。

「むこう2年で、投資額を大幅に増やす予定もあります」とも。

そうなれば、なおさら「e-トロン」SUVに興味が湧いてくる。果たして独立したブランドになるのだろうか? また、正式名はどうなるのだろうか?

「e-トロン」SUV、正式なモデル名は?

アウディはBMWの「i」ブランドや、メルセデス・ベンツの「EQ」ブランドのように、EV専売のブランドをあらたに立ち上げるつもりはないそうだ。

代わりに、モデル名末尾に「e-トロン」をつけることで、技術をアピールしていく方針だという。かつての「クワトロ」が用いる手法を思いだす。

「e-トロン」の名前は、EVとPHEVのどちらにもつく。今夏よりA8を皮切りにはじまった次世代ラインナップのなかでは、まず「A8 e-トロン」が先陣を切るだろう。

その延長線上に、今回のテスト車両であるSUVがあるわけだが、名前はどうなるのだろう?

サイズ感から判断するに「Q6」の名前がふさわしいかもしれないが、セールス&マーケティング部門のディートマー・ヴォッゲンレイターは「Q6は、べつのプロジェクトで動いているクルマにつけるかもしれませんね」と言う。

べつのプロジェクトとは、どうやらQ5をベースにしている4ドアクーペのことらしい。

「それに、『e-トロン』SUVは、クーペモデルではありませんから。強いて言うならスポーツモデルですよ」と、強調した。