大型補強のミラン、昨季躍動のMFスソとの契約延長に動く

写真拡大

▽今夏大型補強を敢行しているミランは、MFスソとの契約延長に動いているようだ。

▽リバプールやアルメリアでプレーしたスソは、2015年1月にリバプールからミランに完全移籍。2016年1月からはジェノアへとレンタル移籍を経験したが、昨シーズンはミランでセリエA34試合に出場。7ゴール9アシストと結果を残し、チームの攻撃を牽引していた。

▽スソはミランとの契約を2019年6月末までのこしているものの、この数カ月間は契約延長の交渉が続いている状況だ。

▽イタリア『gianlucadimarzio.com』によると、来週にもミランとスソの代理人が会談の場を持つとのこと。契約延長について話し合うとのことだ。

▽多くの新加入選手を迎えたミランだが、スソはセリエAの開幕戦にも先発出場。チームの3点目を記録するなど、開幕戦白星スタートに貢献し、今季もチームの主力としてプレーする可能性が高い。

▽ローマなどが獲得に動いているとの噂もあるが、本人もミラン残留の意志が強く、契約延長にサインすると見られている。