スイスの渓谷にかかるロープウェイ2台の間に、ロープを張って綱渡りが行われたそうだ。

「何でこういうことをするのか、私にはわかりません」(小倉智昭キャスター)

これはたるませたロープの上を歩いたり、跳んだりするスポーツ「スラックライン」として行われた綱渡りだそうで、チャレンジしたサミュエル・ヴォラリーさんは、地上約100メートルの高さの綱の上を逆立ちのパフォーマンスを披露したりしながら、無事渡り切ったという。

「記録として認めないよ、こんなもの。命綱つけてるじゃん」(小倉)

綱渡りの世界最長記録1020メートル

ヴォラリーさんは今年5月には、トルコで綱渡りに挑み、1020メートルを渡り切って綱渡りの世界最長記録を出したという。従来の記録を200メートル更新したそうだ。

「こんなの1000メートルやったって、記録にならないじゃん。おっこったって助かるわけでしょ。命を賭けてやらないと意味がないでしょ。ボクは怖いからやらないけど、やるんなら命綱外してやれって」(小倉)

似顔絵 池田マコト