ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は24日、ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦(31日、ホーム)およびサウジアラビア戦(9月5日、アウェイ)に向けた日本代表メンバーを発表した。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、若手を起用することに恐れはないと話している。

 ハリルホジッチ監督は、大一番に向けて4人のCBを招集した。経験豊富な吉田麻也と昌子源がコンビを組むことが濃厚だが、バックアップはA代表出場経験のない植田直通と三浦弦太だ。

 元日本代表CBの秋田豊氏はこれについて、吉田か昌子が怪我した場合に経験の浅いCBを途中から出すことは難しいのではないかと会見で指摘した。

 これに対してハリルホジッチ監督は、「それは悲観的な見方だ」と返答。秋田氏が「元選手であることは存じ上げているし、日本人選手のメンタリティも知っているだろう」としながら、「日本では、若手を信頼して起用することが少ない。余計なプレッシャーをかけている」と指摘した。

 「日本に年配を尊重する伝統があることは知っている」が、指揮官の基準はあくまで「プレーに値するコンディションかどうか」。「経験ある選手が望ましいかもしれないが、どこかのタイミングで経験を積み重ねることも大切だ」とし、「ヨーロッパでも18歳でデビューする選手はいる。(ウスマン・)デンベレや(キリアン・)ムバッペなどは、もうプレーしている」と例を挙げた。

 ハリルホジッチ監督は、植田や三浦を自信を持って選出したと強調している。

text by 編集部