FCバルセロナの施設でのメッシとバルトメウ

写真拡大

24日木曜日、FCバルセロナの会長ジョゼップ・マリア・バルトメウがレオ・メッシと共にモナコへチャンピオンズリーグ抽選会とUEFA表彰式のために飛ぶことになる。

今回バルサは会長に加え多くの役員を連れて行くことになり、オスカル・グラウ(CEO)、アルベルト・ソレル(プロスポーツディレクター)、ペップ・セグラ(スポーツマネージャー)、ラウル・サンジェヒ(サッカーエリアディレクター)、アマドール・ベルナベウ(インターナショナルリレイション)、デビッド・ベルベル(インターナショナルリレイション)というメンバーが帯同する。

メッシとバルトメウはこの機会を利用し、クラブの色々な側面について意見を交換するだろう。また、まだメッシがサインしていない契約更新についても話されるに違いない。そして最近、選手達と役員の間に大きな溝ができているように見えるだけに興味深いものになるだろう。