映画『MOTHER FUCKER』特別対談:Less Than TV代表と監督が語る“異色”レーベルの歴史

写真拡大

1992年の立ち上げ以来25年に渡ってアンダーグラウンドで活動を続ける音楽レーベル〈Less Than TV〉の代表・谷ぐち順とその妻YUKARI、息子共鳴(ともなり)と、その仲間たちの現在の姿を追ったドキュメンタリー映画『MOTHER FUCKER』が、8月26日より渋谷HUMAXシネマから劇場公開される。その公開に先立ち、今回リアルサウンドでは『MOTHER FUCKER』についての対談特集を企画。前編となる今回の対談では、〈Less Than TV〉の歴史やあり方から、いかに同レーベルが異色で興味深いレーベルなのかを聞くことができた。(編集部)

・ 情熱を注げたのは悔しかったから(谷ぐち順)

一一大石さんが〈Less Than TV〉を知ったのはいつ頃だったんですか。

大石規湖(以下、大石):あ、今日CD持ってきたんですよ。(fOULとbloodthirsty butchersのスプリット盤を出す)15年くらい前ですけど、ほんと衝撃だったんですね。私は海外の音楽ばかり聴いてた時期なんですけど、このスプリットをきっかけに日本のハードコア・パンク格好いいなと思って。で、ライブを見てはいろいろ買っていくと、だんだんCD棚に〈Less Than TV〉っていうのが増えていくんですよ。「〈Less Than TV〉って何だろう?」と思うようになって。それがファースト・インパクトですね。

谷ぐち順(以下、谷ぐち):……なんか今の話怪しいなぁ。インタビュー用でしょ?

大石:いやいや、ホントですよ(笑)! 

一一レーベルは1992年に始まっていますよね。谷ぐちさん主導というわけではなく、バンド仲間みんなで始めたものだとか。

谷ぐち:はい。今もそうですけど〈Less Than TV〉はみんなでやってるんですよ。集まって、お互い好きなバンドの話をして、声を掛け合って。ライブ見て格好良かったバンドには話しかけるじゃないですか。ライブ終わったらすかさず友達に電話するし。こないだもSTRUGGLE FOR PRIDEのギターのグッチンから「谷ぐちさん、she saidって知ってますか?」「いや知らない」「今見たけどめちゃくちゃ格好いいんでチェックしてください!」って電話がきて。そういう情報をみんながくれるし、俺もみんなに教えるし。

大石:え……昔はそんなノリでやってたんですか?

谷ぐち:いや、今もそういうノリです。で、当時はそういう繋がりから、なんとなくシーンみたいなのができ始めてた頃なんですね。U.G MANの河南さんとかDMBQの増子真二とか、何人かで「やっぱり格好いいシーンには格好いいレーベルがあったほうがいいよね」ってことで始まったんですよ。

一一レーベルは、みんなのアンテナの情報が集まるデータベースみたいな感じで機能していたんですね。

谷ぐち:そうです。今もそこは変わらないです。

一一自分たちで作ることに、どれくらい情熱を注いでいましたか。既存のレーベルに所属するという考えはなかったんでしょうか。

谷ぐち:いや、当時はレーベルもないしCDなんてどうやって作ったらいいんだって思ってた。今なら簡単に格安で作れますけど、そんなのまったくなかったし。だから仕方なく、でしたよね。自分たちでやるしかリリース方法がなかった。あと、情熱を注げたのは悔しかったからでもありますね。ライブは行くし、凄いものいっぱい見てるんですよ。たとえばSUPER DUMBの初期の音がめちゃくちゃヤバくて、でもリリースもないままメンバーが抜けて、違う音楽性になっていく……とか。そういうのが頻繁にあったんですね。これはちょっともったいなさすぎる、自分たちでリリースしなきゃなって。

大石:自主で出す例も当時はあまりなかったんですか?

谷ぐち:いや、もちろん自主制作っていう言葉とか、正統派のハードコア・レーベルはあったと思います。ただ、自分たちみたいなバンドを出してくれるところはなかったんですね。今でこそオルタナとかポスト・ハードコアって言葉も普通にありますけど、当時はとにかくはみ出してるだけ。みんな「変な音楽」とか「どっちつかず」みたいな感じで。だから相手にされない時間、めちゃくちゃ長かったですよ。今も相手にされてるかどうかわからないですけど(笑)。雑誌とかでレーベル特集されてディスコグラフィーが並ぶの、けっこう夢でしたもんね。それさえ10何年ずーっとなかった。レーベルとしてもそこまで認識されてなかった。

・ 過去を振り返らないレーベル(大石規湖)

一一順風満帆とは行かなかったし、2000年前後には一度レーベル機能が止まってしまった時期もありましたよね。

谷ぐち:あ、一度だけじゃなくて何回か止まってると思いますよ。よくわかんないけど、けっこう起きてる現象ですよ。

一一……他人事みたいですね(笑)。

谷ぐち:続けていくことをそんなに意識してなかったのと、あとはとにかく俺がだらしなかったんで。しっかりした人がいないと動いてなかったし、動けなくなるんですよ。だから何回も止まってますよ。これで「25周年!」とかふざけんなって感じですよね(笑)。すげぇ頑張って続けて今に至ってるとか、そういうんじゃないんですよ。

大石:映画でレーベルの歴史についてインタビューしたら、誰に聞いても話が違うんですよ(笑)。みんな記憶が曖昧で、何が事実なのか全然わからない。過去を振り返らないレーベル。

谷ぐち:振り返らないっていうか、振り返れない。記憶がない(笑)。でもそれって重要ですかね? 年表みたいなこと。

一一途中で考え方や運営方針が変わるなら、重要だと思いますけど。でもリリースしているバンドのカラーが全然変わってないから……。

谷ぐち:うん、変わらずやってます。出すバンドはほとんど一緒ですね。不器用でちょっとはみ出してるとか、勢い余ってるとか、王道に行けないとか。あとは人柄とバンドに対するスタンス。そこは音にも出てると思う。「こんなにヤバい音出してんのに、ものすごく上を目指してんだ」みたいな人ってあんまりいないですよね。音に人が滲み出てるから。音楽やる理由が「バンドでデカくなりたい」とか「上に行きたい」とか、そういう人たちは出さないです。とにかく自分の音楽を作ることだけに夢中。そういうバンドしかいないです。

一一商業的なものと切り離したい。

谷ぐち:そうですね。もちろん上を目指すバンドが嫌いとか、軽蔑するとかはまったくないですよ。でも音楽を作るうえで、地位や名声、あとは「少しお金にしたい」っていう気持ちって、自分にとっては雑念でしかないですよね。音楽を作る行為を邪魔するもの。それを一切取り払って「格好いい音楽を作る、格好いいライブをやる」っていう気持ちだけでピュアにやりたいし、そういうバンドが好きなんですよ。そのやり方で続けるのはすげぇ大変だけど、でも制限がないぶん、飛び抜けたものができるはずだと思ってるんです。

一一好きなことだけをやって、何かのはずみで売れて、音楽で食えるようになるケースもありますよね。すごく幸せなことだと私は思うんですけど、谷ぐちさんはどうお考えですか。

谷ぐち:……そうですね………でもやっぱり、雑念は多少入ってしまうと思います。多少は。

一一音楽は100%ピュアであったほうがいい、と。

谷ぐち:いいっていうか、自分はそっちのほうが好きです。自分にとって「音楽でメシを食う」っていうのは「ちょっとギャラ多めにもらえたぞ、帰りに松屋寄ってく?」みたいなこと。それが自分にとって「音楽でメシを食う」なんです。それ以上はいらないんです、ほんとに。そのライブに遊びに来てた友達と「今日多めにもらったから奢っちゃうよ」って言って、みんなで松屋行って、今日楽しかったねって言いながらテーブルを囲んで。それ以上はいらないです。で、実際にそれ以上にならないですもん。なりますかね? 

一一……正直、ここからドカンと売れてメジャー行くだろうな、みたいなバンドは〈Less Than TV〉で見たことない気がします。

谷ぐち:ありがとうございます(笑)。バンドって方向性も変わるし音楽性も変わっていくし、そういうふうに変わってメジャーで売れていくのも俺すごく好きですけどね。でも今の言葉は、すごく励みになります。(取材・文=石井恵梨子)