サムライになれ! W杯予選未勝利の豪州戦へ、「批判されるほど強くなる」ハリルが選手鼓舞

写真拡大

オーストラリアに勝てば本大会出場決定 「最近は批判も耳に入ってくるが…」

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)最終予選に向けた代表メンバー発表会見に出席。

 これまでアジア予選で勝ったことのない難敵オーストラリア(8月31日/埼玉スタジアム)との一戦が目前に控えているなか、「選手たちにはサムライになってもらわなくてはいけない」と言葉に力を込めた。

 ハリルジャパンは31日に本拠地でオーストラリアと、9月5日には敵地でサウジアラビアと対戦。勝てば6大会連続の本大会出場が決まる大一番となる。「オーストラリアに予選で勝ったことがないという話を聞いたことがあると思う。すでに1戦目には勝つ可能性があった。たくさんの困難な状況はあるが、今まででリストを作るのが一番難しい状況だった」と、過去W杯予選5分2敗と勝利のない“サッカルーズ”へ警戒を強めているが、指揮官はグループ最大のライバルとの一戦にも勝算を見出しているようだ。

「私はこのチームは、ここで戦える個性を持っていると思う。我々は悪い位置からスタートしたが、今は首位に立っている。最近は批判なども耳に入ってくるし、私にプレッシャーをかけてきている状況もあるが、私はこういう状況が好きだ。攻撃されればされるほど、批判されればされるほど、それに応えるために強くなる。そういったものをこの試合で必要としている」

「W杯につながる試合へ最高の準備をしたい」

 さらにハリルホジッチ監督は、「選手たちにはサムライになってもらわなくてはいけない。そしてゲームに参加する選手たちには、スポーツ面だけでない、いろいろなものがあるW杯につながる試合なので、最高の準備をしたい」と、この一戦の重要性を強調。「このチームにはそれができると思う。歴史に残る試合を作りたい」と、日本を背負って戦うメンバーを熱烈に鼓舞した。

「W杯出場を決める、オーストラリアに初めて勝つ、それをチャレンジとして捉えたい。恐れずにホームの素晴らしい雰囲気の中で戦う試合だ。このチームはサポーターの応援を必要としている。こういうプレッシャーが初めての選手もいる。全員で勝利を求めたい」

 負傷で6月の2試合を欠場したキャプテンのMF長谷部誠(フランクフルト)が復帰。約2年ぶりの招集となったMF柴崎岳(ヘタフェ)や初招集のFW杉本健勇(セレッソ大阪)などフレッシュな戦力も加えたハリルジャパンは自分たちの武士道を貫き、歓喜の瞬間を迎えることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images