マクドナルドの公式サイトに『ある異変』が起き、話題を呼んでいます。

おい、公式サイトがおかしいことになってるぞ!思わず2度見しちゃったわ。

一体何が起きているのか、早速ウェブサイトを開いてみることに。

出典:マクドナルド公式サイト スクリーンショット

CEOサラ L.カサノバ氏によるメッセージのページは、通常の『社長挨拶』のページに見えます。しかしよく見てみると…あっ!

出典:マクドナルド公式サイト スクリーンショット

真摯に取り組んでいきまっせ。

なんと、ページが関西弁で書かれているのです!ほかにも関西弁らしき表現がたくさんちりばめられていて、吹いてしまいそうです。

マクドはどうやって地域社会に貢献してるんかとか、ごっつ色々ありますわ。
それこそが、ウチらマクドの存在価値そのものやし、ウチらがマクドであり続けるために必要なことなんですわ。

マクドナルド公式サイト『マクドからのメッセージ』 ーより引用

マクドナルド公式サイトの一部が『関西弁表記』になったのは、2017年8月9日から行われていた『マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!』キャンペーンがきっかけ。

出典:マクドナルド公式サイト

マクドナルドの愛称を『マック』にするのか『マクド』にするのか、バーガーのおいしさによって決定するという企画を行ったところ、『マクド』が勝利を収めました。そこで特別企画として、ウェブサイトを期間限定で『マクド仕様』に変更したのだとか。

ネット上では「この関西弁、不自然ではないか」という指摘も見受けられました。

そこで大阪生まれ・大阪育ちのスタッフに聞いてみたところ「あからさまにおかしな関西弁はありまへん。ただ、こんなんいわへんわ!」とのこと。完成度の高さではなく、あくまでも遊び感覚で楽しむのがよさそうですね。

関西弁は、ほかにもメニューのページ、さらには公式Twitterでも見ることができます。全部で何か所あるのか、探してみると面白いかもしれませんね。

マクドナルド公式サイト

[文・構成/grape編集部]