高萩洋次郎【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は24日、ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦(31日、ホーム)およびサウジアラビア戦(9月5日、アウェイ)に向けた日本代表メンバーを発表した。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、MF高萩洋次郎を「非常に興味深い」と感じている。

 高萩は今年3月、約4年ぶりに代表招集を受けたが、負傷により離脱を余儀なくされた。それでも、指揮官は高萩に期待を寄せており、今回の招集メンバーに含めている。

 ハリルホジッチ監督は、「フィジカル的に非常に興味深い選手」と高萩についてコメント。対オーストラリアで良い仕事ができる可能性があると感じている。その一方で、「守備面で課題がいくつかあるかもしれない。プレッシャーやそこへの出足といったところは課題だ」と指摘した。それでも、「良いグラウンダーのパスやビジョン、視野の広さがある」と、守備の不安を補うだけの魅力があると主張。さらに「海外でのプレー経験もあり、ほかの選手よりもプレッシャーは感じないかもしれない」と話した。

 高萩は代表招集を受けて、「また日本代表に選出していただき、光栄です。ワールドカップに向けての大事な2試合だと思うので、チームの勝利とワールドカップ出場を目指し、全力でプレーしたいと思います」と、FC東京の公式サイトにコメントを残した。

text by 編集部