『スプラトゥーン2』累計販売100万本突破!―調査によってプレイヤー層も明らかに

写真拡大 (全3枚)

ゲーム雑誌「ファミ通」を発行するGzブレインは、任天堂の対戦型シューター『スプラトゥーン2』の累計販売が100万本を突破したと発表しました。

なお、この累計販売は、ダウンロードカード、「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」の本数も含まれていますが、ダウンロード版の本数は集計していないそうです。

加えて同社は、『スプラトゥーン2』プレイヤーの男女比率や年齢層比率について、全国47都道府県の5~69歳の男女を対象に調査を実施。男女比率では、男性が約7割(73.9%)を占めており、女性は約3割(26.1%)という結果に。年齢比率では、約4割(40.3%)のプレイヤーが10代で、約2割(22.7%)のプレイヤーが5歳〜9歳という結果になりました。

他にもNintendo Switchの購入者調査を実施。男女比率では、男性が約7割(65.9%)を占め、年代別では10代が最も多いという結果に。さらに『スプラトゥーン2』が発売された事によって10代の購入者の割合が増えたそうです。

■関連リンク
「スプラトゥーン2」、国内累計100万本突破!「スプラトゥーン2」プレイヤーとNintendo Switch購入者は、10代男性が最多。〜「ファミ通」マーケティング速報〜