J2で最下位に沈むザスパクサツ群馬は24日、公式サイトで「カンファレンス等の開催は見送らせていただく」と報告した。

 群馬は20日に行われた金沢戦で1-1のドロー。連敗を4で止めたものの、昨季から続くクラブ最長の連続失点記録を31試合に更新していた。サポーターからフロントへ批判が寄せられるなか、この日にクラブは「お知らせ」として声明を発表。

「日頃より熱いご声援、ありがとうございます。皆様から、チームの現状を踏まえ、カンファレンス開催の要望を頂いておりましたが、サポーター代表者10名程度との会議形式での開催をサポーター代表者に再度提案、協議した結果、カンファレンス等の開催は見送らせていただくことになりましたので、お知らせいたします。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます」と報告した。