東京都内で、奥さんとアパートに住んでいるという、とある男性。

ある日の朝、郵便受けに何かが入っていることに気付き、確認してみたといいます。

すると入っていたのは、見慣れたキーケース。

※写真はイメージ

このキーケースは奥さんの持ち物で、中には自宅の鍵や緊急時のためのお金が入っていました。

なんで、これが郵便受けに入っているんだろう。

疑問に思った男性が奥さんに尋ねてみましたが、奥さんは「私は入れていない」と、ひと言。

しかし数秒後、奥さんはハッとした様子でこんなことをいいました。

「あ、昨日、鍵をドアに挿しっぱなしにしたかも!」

どうやら、奥さんがキーケースごと鍵を挿しっぱなしにして放置しまっていたようです。

鍵を開けて誰かが入ってきても、おかしくない状況だったはず。しかし、いつの間にかキーケースは郵便受けに入っていました。

つまり、アパートの隣人や郵便を届けにきた誰かが、「不用心だなぁ。入れておいてあげよう」と、鍵穴についたままのキーケースを郵便受けに入れてくれたのです!

男性は、「そのまま放置することや、盗んでしまうこともできたはず。こんな親切な人がいるんだ」と驚いたといいます。また、「その心優しい人が見つかったら、お礼がしたい」と語りました。

誰かの持ち物を平気で盗んでしまう人がいる中で見られた、小さな親切。このようなちょっとした優しさが、人の心に温かさをもたらしてくれますね。

[文・構成/grape編集部]