画像は『NHKスペシャル』の公式HP

写真拡大

ひろゆきのネット炎上観察記 ―

●統計データからAIが提言した内容は。。。

 7月末に放送されたNHKスペシャルが炎上した。同番組では700万超の統計データを解析するAIを独自開発。日本がよくなるための提言をAIが行う内容だが、その答えは「40代ひとり暮らしを減らせば日本がよくなる」というもの。これにネット民は反発。「AIの名を使い言いづらいことを言っている」「AIではなく制作側の意図」などの声が上がっている

◆表面的な情報を真に受けて、微妙な反論をするのって。。。

 フランスに住んでいても、日本の友達とゲームとかネットの話をできるのですが、テレビ番組だけは微妙だったりします。なので、ネットの反応なり要約なりを見て大まかに概要を知ることが多いのですが、「AIがむちゃな提言をする」という番組をNHKが放送して、その提言の一つが「40代ひとり暮らしが日本を滅ぼす」ってものだったそうで、ネット上で騒ぎになっていました。

 40代ひとり暮らしが増えてくると出生率は下がるし、40代ひとり暮らしの人は結婚した人より資産が少ない人の割合が高いので、高齢者になったときに社会保障などの負担が大きくなるとか、統計を基に提言は出されていたりするわけです。

 これに対して反論をするには、「40代ひとり暮らしは社会にとって有益である」って論拠を出すことなんですよね。ところが、AIが信用できないとか、NHKの方針が気に食わないって話で反論した気になっちゃってるんですよね。

 んで、AIと言われてますけど、説明を読む限り単なる統計分析にしか思えないんですよね。例えば、提言のひとつの「健康になりたければ病院を減らせ」とかは、統計の錯誤で聞くエピソードを思い出したりします。アメリカで肺結核の死亡者数が一番多い州はアリゾナ州って結果が出たんですけど、アリゾナって自然が多いところで排ガスとか少ないんですよね。んで、蓋を開けると、隣のカリフォルニア州で肺結核になってアリゾナ州の病院で療養したものの死んじゃう人が多いってことだったのですね。

◆統計結果は真実だけど因果関係まではわからない

 ってことで、病院が多いとがんの死亡者が多いとか65歳以上の死亡者が増えるとかって話も、病人が病院の多い地域に引っ越すから病院の少ない地域は健康な人しか残らないんですよね。なので、統計的には健康な人の割合が増えるのは当然なわけです。

 そんなわけで統計結果は真実だけど因果関係まではわからないので情報を真に受けちゃうのはどうなのかなぁ、、と思うおいらです。まぁ、NHKも「AIは因果関係まではわからない」と言ってますけどね。。。

※1.テレビ番組だけは微妙
『アベマTV』や『TVer』などの国内ネット放送は、権利関係の問題もあり海外から視聴できないことになっているが、それを掻い潜って視聴する方法や、ネット上でテレビ番組を探し出せることも……

※2.番組をNHKが放送
「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」と題し、7月22日に放送されたNHKスペシャル

※3.AIは因果関係まではわからない
NHKは同番組のHPにて「AIは、残念ながら因果関係は提示してくれません」と掲載。また、AIが導き出した情報を「人間が読み解き議論することで、社会問題の背景を考え、解決の糸口を探ろう」ということが番組の趣旨であることも伝えている

【西村博之】
40歳。パリ在住。元ニコニコ&2ちゃんねるの管理人で、米国掲示板サイト『4chan』の現管理人

撮影/根田拓也