日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は24日、ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦(31日、ホーム)およびサウジアラビア戦(9月5日、アウェイ)に向けた日本代表メンバーを発表した。

 オーストラリア戦は、勝利すれば無条件で6大会連続のW杯出場が決まる重要な一戦だ。過去のW杯予選ではオーストラリア相手に勝利できていない日本代表だが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はこの大一番に向けて選手たちに檄を飛ばした。

「重要なのは、選手たちが観客から感じるものがプレッシャーではなく応援だということ。この状況を恐れずに乗り越えなければならない。アウェーでできたことをホームでできないわけがない。侍のスピリットが必要である」

 オーストラリア代表は6月にロシアで開催されたコンフェデレーションズカップに出場しており、ハリルホジッチ監督も現地で視察をしていたという。

 そのうえで、「オーストラリアはフィジカル的な戦いを挑んでくる。ホームでそれに応えることができなければ、厳しくなる。だから選手たちにはフィジカルコンディションが重要になると話している」と、“肉弾戦”への備えを訴えた。

 会見の最後には、「行こう、ニッポン! 応援よろしく」と後押しを要求するなど、W杯出場へ強い気持ちを見せた。

text by 編集部