杉本健勇【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は24日、ロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦(31日、ホーム)およびサウジアラビア戦(9月5日、アウェイ)に向けた日本代表メンバーを発表した。初招集のFW杉本健勇について、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、「珍しいタイプの選手」と語っている。

 杉本はセレッソ大阪でプレーする24歳のアタッカー。過去に世代別代表の経験はあるものの、A代表は初めてだ。

 ハリルホジッチ監督は杉本について、「我々が2年間ほど見てきた選手」だと話す。「とてもクオリティが高い。さらに体格もある。珍しいタイプの選手だ」と称賛した。

 好不調の波があることを指摘しながらも、「こうやって彼を招集できてうれしい。高い質のある選手だと信じている。意欲的にトレーニングを続ければ、とても良い選手になれる」と、杉本の可能性に大きな期待を寄せている。

text by 編集部