『フィッシング対策協議会』によると、Appleを装った人物がユーザーを偽サイトに誘導して個人情報を盗もうとする、新たなフィッシングメールが出回っています。

今回のフィッシングメールの手口は

App Storeの領収書を装い、身に覚えのない購入と誤解させ、支払いをキャンセルできるとしてメールや添付ファイルから偽サイトに誘導しています。

今回報告されているメールの件名は「ご購入いただきありがとうございます」ですが、同じ内容でも異なる件名で送付されている可能性もあるので注意しましょう。

今回のメールに関連する偽サイトのURLとして「http://◯◯◯◯.do/」や「https://manages-account.app-payment-◯◯◯◯.com/」が挙げられています。まだアクセスできる状態だとしており、フィッシング対策協議会は注意するよう呼びかけています。

フィッシング詐欺の被害に遭わないために

大事なのは、こうしたメールを受け取っても慌てず、まずはそのメールが本当にAppleから送られてきたものなのかを確認しましょう。

具体的な対策は以下のページでご紹介しています。
フィッシング詐欺を見分ける方法

参考

フィッシング対策協議会 Council of Anti-Phishing Japan