▽日本サッカー協会(JFA)は24日、今月末から来月初旬にかけて行われるアジア最終予選2試合に向けた日本代表メンバー27名を発表した。

▽今回の2連戦を「愛国心、誇り、たくさんのものが絡む試合」と位置付けたヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、ケガ明けの主将MF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)を招集。また、海外組からMF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)が昨年11月以来、MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)が2015年10月以来の代表復帰を果たした。そのほか、注目のストライカー枠には、明治安田生命J1リーグで2位の14得点を記録するFW杉本健勇が初のメンバー入りとなっている。

▽日本はアジア最終予選8試合終了時点で、5勝2分け1敗の勝ち点17で首位。31日にホームの埼玉スタジアム2002で3位のオーストラリア代表(勝ち点16)を迎え撃ち、9月5日に行われる最終節で2位のサウジアラビア代表(勝ち点16)とアウェイで対戦する。なお、31日に行われるオーストラリア戦に勝てば2位以上が確定となり、6大会連続6度目の本大会出場が決まる。

◆日本代表メンバー

GK

川島永嗣(メス/フランス)

東口順昭(ガンバ大阪)

中村航輔(柏レイソル)

DF

酒井宏樹(マルセイユ/フランス)

酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

長友佑都(インテル/イタリア)

槙野智章(浦和レッズ)

吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

昌子源(鹿島アントラーズ)

植田直通(鹿島アントラーズ)

三浦弦太(ガンバ大阪)

MF

長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

山口蛍(セレッソ大阪)

井手口陽介(ガンバ大阪)

高萩洋次郎(FC東京)

小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)

香川真司(ドルトムント/ドイツ)

FW

浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

久保裕也(ヘント/ベルギー)

本田圭佑(パチューカ/メキシコ)

乾貴士(エイバル/スペイン)

武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)

岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)

杉本健勇(セレッソ大阪)

大迫勇也(ケルン/ドイツ)