テレビや雑誌と違い、音だけで情報を伝えるラジオ。耳だけで楽しめるので、何か作業をしながら聞いている人も多いのではないでしょうか。

※写真はイメージ

テレビが登場した当初、ラジオを聴く人は減っていくと予想されていました。

しかし最近では、インターネットで多数の局のラジオが聴ける『radiko.jp』が登場し、ラジオ人気に再び火が付いています。

ラジオを聴いていると、番組を好きになることもあれば、声や話の運び方から、パーソナリティを気に入ることも。

「どうしてこの人は、ラジオに人生を捧げたんだろう」

パーソナリティの人生を掘り下げたら、面白い話が出てきました。

TVのような、映像の補完はイヤだった

パーソナリティ歴52年の高嶋秀武さんは、子どものころからラジオ一筋!

「テレビが登場したから、ラジオはそろそろ終わりだぞ」といわれても動じず、ラジオに情熱を注ぎ続けてきました。

ニッポン放送の人気ラジオ番組『オールナイトニッポン』で、複数回パーソナリティを勤めたこともある高嶋さん。現在は、同じくニッポン放送で『高嶋ひでたけのあさラジ!』という冠番組を持っています。

そんな高嶋さんが、書籍『高嶋ひでたけの読むラジオ』を出版しました。

高嶋さんの、ラジオを愛する気持ちが伝わってくる一冊となっています。

本の中で、高嶋さんは「ラジオを好きになり、アナウンサーという職種があることを知ったのは、父親の影響だった」と語ります。

復員後、米軍基地で働いていた父親の楽しみは、帰宅後のラジオでした。子どものころの高嶋さんは、ラジオから流れてくる実況のモノマネをしたり、人気アナウンサーの声帯模写を披露して遊んでいたそうです。

父親から「好きな仕事をやれ。それが一番だよ」といわれて育った高嶋さんは、迷うことなくラジオ放送局の入社試験を受け、男子だけでも1300人いた受験者の中から、合格しました。

そこから、ラジオパーソナリティとしての人生が始まります。

実況に必要なのは下調べ?

高嶋さんが忘れられないのは、入社1年目に経験した、富士山5合目からの『新年のご来光』を中継した時のことです。

「はたして自然の織りなす荘厳な現象を、自分の貧しい言葉で表現できるのか」と心配した高嶋さんは、図書館に通い、ご来光に関する書籍を夢中になって読みました。

残念ながら新年のご来光中継は、天候が悪くてできませんでした。しかし、前日の大晦日に、日の出の実況はすることができて、結果は大好評!

他人の表現を繰り返し見たり、読んだりすることで、自分の言葉にすることができたのです。

場面に適した言葉を知ることが、言葉で描写する力を高める近道でした。

外見でしゃべり方が変わる

高嶋さんは30代のころ、『大入りダイヤル!まだ宵の口』というラジオ番組のパーソナリティになりました。

当時、高嶋さんの外見はスポーツ刈りの真面目少年。それを見たプロデューサーから、こんなアドバイスをもらいます。

「ラジオは姿が見えないから外見なんかどうでもいいは間違いで、人は見た目でものの言い方も変わる。それなりの格好でリスナーの兄貴分のような感じでしゃべらないとだめだ」

書籍『高嶋ひでたけの読むラジオ』 ーより引用

このプロデューサーに厳命され、口ひげを生やし、長髪にGパンをはいてキャラクター付けを行います。そして『ヒゲ武』という愛称をもらうと、とても人気が出ました。

『ヒゲ武』の外見に合ったしゃべり方に、自然となって、リスナーを楽しませるトークができたのです。

これからもしゃべり続けたい

高嶋さんは、これからも、言葉で人を楽しませることを続けていきたいと語ります。

「何か面白いことに出会って、または面白いことを聞いて、これをしゃべりたい!と思ってもその機会がなければ、相当つまんないじいさんになるだろうなと思うんですよ。

だから新規のFMでもいいし、老人ホームでお年寄り10人の前で語りかけるとかね。なんでもいい、どこかでおしゃべりの機会がいつも持てているような、そんな元気なじいさんでいたいですね」

『月刊 Hanada』2017年9月号 ーより引用

現在はフリーで活躍している高嶋さん。1度も「仕事に行きたくない」と思ったことがないそうです。

しゃべることが生きがいであるからこそ、ラジオ人生を歩むことができたのでしょう。高嶋さんは、まだまだ精力的に、ラジオに取り組んでいきます。

小学館 高嶋秀武 著 『高嶋ひでたけの読むラジオ』

Amazon:『高嶋ひでたけの読むラジオ』

参考文献:『月刊 Hanada』2017年9月号

[文・構成/grape編集部]