フレッシャーズ編集部

写真拡大

経済ニュースには、いろいろな役職、肩書の人が出てきますね。経営者では「CEO」といった表記もよく見掛けます。今回は、この「CEO」「COO」といった肩書の意味について、またこれらが社長とはどのように違うのかをご紹介します。

■さまざまな役職、肩書を英語でいうと?

【例文つき】ビジネス用語・カタカナ語80選! メール・会議で頻出のスグ使える略語・用語一覧

CEOやCOOはアメリカから導入された肩書ですが、それでは日本語の肩書と英語の肩書を比べてみましょう。

会長:Chairman(チェアマン)
副会長:Vice Chairman(バイス・チェアマン)
社長:President(プレジデント)
副社長:Vice President(バイス・プレジデント)
専務:Senior Managing Director(シニア・マネージング・ディレクター)
常務:Managing Director(マネージング・ディレクター)
取締役:Board Director(ボード・ディレクター)
監査役:Auditor(オーディター)
部長:Department Manager(デパートメント・マネージャー)
課長:Manager(マネージャー)
係長:Senior Staff(シニア・スタッフ)
主任:Chief(チーフ)

●結局「CEO」とはどんな意味?

上記の役職・肩書には「CEO」が入っていませんが、「CEO」を省略せずに書くと「Chief Executive Officer」(チーフ・エグゼクティブ・オフィサー)です。一般的には「最高経営責任者」と訳されます。

ときには「CEO」を「代表取締役」と訳すこともあります。日本では、この呼称のほうが一般的でなじみやすいかもしれませんね。実際のところ、日本の会社で社長の名刺に英語の肩書を入れる際に「President」の代わりに「CEO」を採用している会社もあります。

より詳細に「代表取締役社長」と入れたいときに、「代表取締役」を「CEO」、「社長」を「President」として、「President & CEO」という表記を用いている会社も少なくないようです。

●似た言葉の「COO」ってどんな意味?

「CEO」によく似た「COO」という肩書はご存じでしょうか。これは「Chief Operating Officer」(チーフ・オペレーティング・オフィサー)の略で、「最高執行責任者」のことです。その役割は、CEOが定めた事業方針にのっとって、実行部隊を統括することです。

●CEO、COO、社長の違いは?

ここまででそれぞれの言葉の意味をご紹介しましたが、実際のところどんな違いがあるのでしょうか。

日本の会社法では「会社の代表権の有無」を重視しています。例えば同じ社長でも、代表権を持つ「代表取締役社長」の方が、持たない「取締役社長」よりも立場が上ということになります。社長と代表取締役を兼任していることが多いですが、会社によっては代表権を会長が持っているようなこともあります。

ちなみに「会長」とは本来「取締役会」の議長のことです。「取締役会」は株主から選任された、会社の最高組織です。その長(おさ)たる者ではありますが、会長が代表権を持っていないという会社も珍しくはありません。代表取締役の役割は、会社を代表して契約を結んだり、業務を執行したりすることです。

会社によっては、創業者が代表取締役を退いて会長職になるなど、たんなる名誉職のようなポジションになっていることもあります。また、実際に権限はないものの、強い発言力を有しているようなケースもあります。

CEOは最高経営責任者なのですが、組織上は取締役会がCEOの上に存在します。取締役会の監督の下、経営という実務を担う頂点に立っているのです。COOは、そのCEOが定めた事業方針にのっとって実行部隊を統括しますが、やはり取締役会の監督下に置かれています。

また、「社長」というのは会社法上は規定がなく、会社それぞれで自由に定めることができる肩書です。実は「社長」という役職を設置する義務もなければ、役割や権限も規定がありません。ただ、日本国内では、代表取締役を兼任する社長が多く、会長という人がいなければ実質会社のトップというイメージがありますね。


今回はCEOの意味について解説しました。「CEO」、「社長」ともよく耳にする言葉ですが、日米間で会社についての法律が異なるため、肩書の持つ意味合いも全く同じではありません。ただ、会社法では規定がないということなので、たんなる呼称として「CEO」と「社長」が同じように使われているというのは面白いですね。

(藤野晶@dcp)