「人種差別」と戦うエアビーアンドビー、有名黒人俳優を顧問に

写真拡大

エアビーアンドビーが有名黒人俳優のダニー・グローヴァーをアドバイザーとして招き入れ、人種を理由とした宿泊拒否の問題に取り込むことが明らかになった。

1987年の映画「リーサル・ウェポン」の名演で知られるグローヴァーは、多文化主義を推進する市民活動家としても知られている。グローヴァーは8月23日、「米国の住宅環境の歴史は同時に、人種差別の歴史でもある。有色人種に対する差別は多くの分野で改善が見られるが、不動産やそれに関連する資産形成の面では、依然として多くの問題が残されている」と述べた。

グローヴァーは「黒人やラテンアメリカ系の人々は、エアビーアンドビーにホストとして加わることで経済的メリットが得られる」とし、有色人種のプラットフォームへの参加を促した。

グローヴァーは既にニューヨークのブルックリンやサンフランシスコで、ホストを務める有色人種の人々と面会を重ね、さらに多くの人々がここに加わることを望んでいる。「金銭的な理由で家を手放す人も多いが、エアビーアンドビーに参加することで、彼らも家を持ち続けることができる」とグローヴァーは続けた。

エアビーアンドビーはホストや宿泊者の双方に対し、差別をなくすことを呼びかけており、昨年7月には元米国司法長官のエリック・ホルダーを採用し、反差別ポリシーの草案作成を依頼。今年3月に同社は、米国のホスト数を2年以内に2倍まで増やすことを目標とする経済権限付与アジェンダ(economic empowerment agenda)を発表した。

エアビーアンドビーは今回の発表と同時に、NAACP(全米有色人種地位向上協議会)とパートナーシップを結び、有色人種の人々のホストとしての参加を促すキャンペーン活動を始動することを明らかにした。