24日、サッカー日本代表の本田圭佑が「中国のクラブに移籍していた!?」とネット上を騒がせている。

写真拡大

2017年8月24日、サッカー日本代表の本田圭佑が「中国のクラブに移籍していた!?」とネット上を騒がせている。

昨シーズンまでイタリア・セリエAのACミランに所属していた本田は、メキシコリーグのパチューカに移籍。22日のデビュー戦では途中出場からいきなりゴールを決める活躍を見せ、中国でも注目を集めた。

ところが、「メキシコにいるはずの本田がドイツにいる」と中国版ツイッター・微博(ウェイボー)などで話題になった。中国スーパーリーグの北京中赫国安の微博アカウントが21日、ドイツ遠征中のチームの写真を公開。そこに、金色に染めた短髪に日焼けした肌という、一見すると本田圭佑と見間違えそうな選手の姿があった。

この写真に、中国のネットユーザーからは「あれ!?本田圭佑じゃないか」「クラブが公式発表。本田圭佑が国安に加入」「本田圭佑は(北京)国安に行ったのか(笑)」「本田はすでに北京国安と契約しチームに合流。国安はアジア枠選手を(本田加入とともに)入れ替えた」などと、冗談めかしたコメントが多数寄せられた。

もちろん、コメントしている本人たちは本田ではないことが分かっているのだが、返信しているユーザーの中には「マジで?」「え?本田ってメキシコに行ったんじゃなかったっけ?」などとすっかり本気にしてしまっているような人も。

ちなみにこの本田圭佑の“そっくりさん”は、MF張池明(ジャン・チーミン)。1989年1月7日生まれの28歳。かつてポルトガルのFCポルト、イングランドのシェフィールド・ユナイテッドFCのユースチームに所属していたが、トップデビューは果たせなかった。中国代表としても出場歴がある。元は黒髪だったが、最近髪形を変えたそうだ。(翻訳・編集/北田)