ウェイン・ルーニー、デービッド・ベッカム【写真:Getty Images】

写真拡大

ベッカム氏がSNSでメッセージ「悲しさを感じている。きっと恋しくなるだろう」

 サッカー・イングランド代表の最多得点記録を持つエバートンFWウェイン・ルーニーが代表引退を発表した。通算119試合で53得点を記録した英雄の幕引きに、元イングランド代表MFデービッド・ベッカム氏も反応。「代表から去ることに悲しさを感じている」「これからも僕らはウェインを愛し続けるだろう」と惜別のメッセージを送っている。

 ベッカム氏は24日、インスタグラムを更新。かつてイングランド黄金期を支えた背番号9と背番号7のプレー中の2ショット写真を掲載し、ルーニーに対してメッセージを送っている。

「この少年は17歳という若さで代表での最初の試合に足を踏み入れた。でも、その時だって、まるで何年もイングランド代表としてプレーしているかのようだったよ」とワンダーボーイのデビュー当時を回想した。

「僕はウェイン・ルーニーのキャプテンとしての役割にも満足している。君はキャプテンとして、選手たちに情熱を、野心を、勝利のメンタリティーを求め続けてくれた。ウェインがクラブや代表での記録を塗り替えてきた所以でもあるね」

 このように主将も務めたルーニーを称賛。「個人的には、彼が代表から去ることに悲しさを感じている」とつづった。

「これからもウェインを愛し続ける」…ベッカム氏が考える「国民が彼を愛している理由」

 ルーニーはサッカー選手の枠を飛び越え、アスリートとして国民に愛された選手の一人だった。

 ベッカム氏は「国民が彼を愛している理由の1つは、どれほど彼がスリー・ライオンズのユニフォームを着続けてきたかに繋がる」と代表戦119試合に出場した功績こそがファンの心を掴んだ要因だとしている。

「きっと恋しくなるだろう…ウェインは特別な才能の持ち主だったし、それは現在進行形だ。これからもその特別な才能で、僕らはウェインを愛し続けることだろう」

 このように結び、ルーニーに対する惜別のメッセージとしていた。これを受け、多くのファンも「ルーニーはレジェンドだ」「ルーニーを愛している」と賛同し、続々と労いの声を上げていた。

 右サイドから正確なクロスを上げるベッカム氏、ゴールを量産し続けるルーニーのコンビはイングランド代表サポーターの誇りだった。ベッカム氏にとってもまた、ルーニーは特別な存在だったようだ。