@AUTOCAR

写真拡大 (全2枚)

電動化/水素化で排気量の区分け、困難に

アウディは、たとえば2018年予定のE-トロンSUVなど、ピュアなEVやパフォーマンス特化型のハイブリッドモデルの投入にむけて、モデル名の命名規則を変えるという。

これまでは「1.6 TDI」のように、排気量とエンジン仕様による命名がなされたきたが、電動化が進むにつれて、従来どおりにいかなくなったのだ。

したがって、あたらしい規則は以下のとおり。

・「30」:109ps〜129ps
・「35」:147ps〜161ps
・「40」:167ps〜201ps
・「45」:226ps〜248ps
・「50」:282ps〜308ps
・「60」:429ps〜455ps
・「70」:537ps以上

たとえばアウディQ2 1.6 TDIは、Q2 30 TDIとなる。

要するに、排気量は関係なく、出力のみで区分けされるわけだ。

このルール、いつから導入されるのだろう? S/RSはどうなるのか?

新命名規則、導入時期は? S/RSはどうなる?

アウディのセールス/マーケティング部門は、「それぞれのクルマの、厳密な排気量や、細かな馬力は、もはやお客様にとって重要なことではないのです」と切りだす。

「それよりも、『どのパワートレイン』が『およそどれくらいのパワーを生みだすか』を、より明瞭に示すほうが、わかりやすいと考えています」

2017年の第3四半期に、まずは新型A8からこの命名規則が導入される。3.0 TDIは50 TDIに、3.0 TFSIは55 TFSIとなる。

なお、これはあくまで標準モデルにおける規則で、S/RSならびにR8は、従来の命名がおこなわれる。