2020年の東京オリンピック・パラリンピックを3年後に控え、パラスポーツを通じて、みんなが個性を発揮できる未来を目指す東京都の取り組みである「TEAM BEYOND」のメンバーにAKB48チーム8が加入することが発表された。

24日には、2020年東京オリンピック・パラリンピックの主要開催場所となるお台場で開催中の「お台場みんなの夢大陸2017 スマイルランド内」の「HOT SUMMER スタジアム」で「お台場 BEYOND フェス produced by TOKYO GIRLS COLLECTION」においてAKB48チーム8のライブが催された。

当日はパラアスリートのトークショー、パラアスリートとすみれや堀田茜などトップモデルによる夢のランウェイ共演などが行われ会場は盛り上がったが、チーム8が登場すると一際大きな歓声が上がり、一気にライブモードへ。今回”逢いに来た”のは北海道代表・坂口渚沙、秋田県代表・谷川聖、岩手県代表・佐藤七海、茨城県代表・岡部麟、東京都代表・小栗有以、新潟県代表・佐藤栞、愛知県代表・歌田初夏、静岡県代表・横道侑里、岐阜県代表・服部有菜、大阪府代表・永野芹佳、京都府代表・太田奈緒、兵庫県代表・山田菜々美、鳥取県代表・中野郁海、岡山県代表・人見古都音、香川県代表・行天優莉奈、熊本県代表・倉野尾成美の16名。『ヘビーローテーション』披露の後、チーム8ライブ定番曲『47の素敵な街へ』を歌い、会場はヒートアップ。

このたび「TEAM BEYOND」メンバー加入に当たり、小池百合子東京都知事からお礼と激励のメッセージが寄せられ、「TEAM BEYOND」の証しユニフォームが全員に贈られた。そのユニフォームを身に着けたメンバーにMCの生野陽子(フジテレビアナウンサー)が「今日はもう1曲披露してくださるんですよね?」と紹介。メンバーは「なんと!新曲です!」と発表するや否や、「おおお!」とどよめきが起こった。

パラスポーツ選手をはじめ、様々な事に頑張る人に向けた応援歌『生きることに熱狂を!』を生披露。会場は大いに盛り上がった。3年後に控えた東京オリンピック・パラリンピック。その頃彼女たちAKB48チーム8が、AKB48グループを背負って立つ代表的なチームに成長する過程をあらためて楽しみたい。