トッテナム、右サイドの強化は目前に…32億円でDFオーリエ獲得か

写真拡大

 アヤックスからコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスを獲得したトッテナムは、パリ・サンジェルマンに所属するコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエと契約できることを望んでいる。

 イギリス紙『イブニング・スタンダード』によると、交渉は最終局面を迎えつつあり、5年契約で合意間近だという。移籍金は2300万ポンド(約32億円)と予想されている。しかし、同選手は昨年5月末にパリのナイトクラブの外で警察官とトラブルになり暴行容疑で逮捕されたことで有罪判決を受け、イギリスへの入国ができなくなっている。オーリエはこの判決に上訴済みであるとも報道された。

 オーリエは昨シーズン、リーグ・アンで22試合出場4アシストをマークしている。今夏マンチェスター・Cに放出したイングランド代表DFカイル・ウォーカーの後釜として獲得を目指している。