ニコンが新型一眼レフカメラ「D850」発売 - 有効画素数4575万画素&最高約9コマの連写

写真拡大

ニコン(Nikon)は、ニコンFXフォーマットデジタル 一眼レフカメラ「ニコン D850」を、2017年9月8日(金)に発売する。

有効画素数4575万画素、「D810」の後継機

「D850」は、新開発の裏面照射型ニコンFXフォーマットCMOSセンサーと、画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載した、「D810」の後継機。有効画素数4575万画素という高画素ながら、ISO 64〜25600の幅広い常用感度域(ISO 32相当までの減感、102400相当までの増感が可能)を実現している。

最高約9コマ/秒の連射性能&153点AFシステム

また、画像処理エンジン「EXPEED 5」の搭載によって、ボディー単体で約7コマ/秒、マルチパワー バッテリーパック「MB-D18」装着時で約9コマ/秒の高速連続撮影を実現。また14ビットロスレス圧縮RAWで約51コマ、12ビットロスレス圧縮RAW(画像サイズ:L)なら170コマまでの連続撮影が可能となった。

オートフォーカス性能については、同社のフラッグシップ機「D5」と同じ、高速・高精度な153点AFシステムを備えている。

動画も4K UHD対応に

動画性能も、前機種「D810」からさらに強化し、FX フォーマットベースフルフレームでの4K UHD(3840×2160)/30p動画の撮影が可能に。フルHDでは、被写体の一瞬の動きを印象的に表現できる最大5倍のスローモーション動画にも対応している。

また、インターバルタイマー撮影を使って8Kのタイムラプス動画を制作できるほか、サイレント撮影や、RAW画像のカメラ内一括現像などの新たな機能も追加されている。

メモリーカードスロットはXQD&SDに対応

メモリーカードスロットは、「D500」と同様に、XQDカードと各種SDカードに対応したダブルスロット。

その他機能

そのほか、タッチ操作ができるチルト機構採用の3.2型約236万ドット画像モニター、深度合成を行いたい時に便利な「フォーカスシフト」機能、別売のフィルムデジタイズアダプター「ES-2」(2017年11月発売予定)を使用して、カラーとモノクロの35mm判ネガフィルムを簡単にデジタルデータ(JPEG)化できる「ネガフィルムデジタイズ」などが搭載されている。

商品情報

ニコン デジタル一眼レフカメラ「ニコン D850」
発売予定日:2017年9月8日(金)
価格:オープンプライス

<仕様>
レンズマウント:ニコンFマウント(AFカップリング、AF接点付)
有効画素数:4575万画素
撮像素子:35.9×23.9mmサイズCMOSセンサー、ニコンFXフォーマット
記録媒体:XQDカード、SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカード(SDHCメモリーカード、SDXCメモリーカードはUHS-II規格に対応)
画像モニター:チルト式3.2型TFT液晶モニター(タッチパネル)、約236万ドット(XGA)、視野角170°、視野率約100%、明るさ調整可能
寸法(W×H×D):約146×124×78.5mm
質量:約1005g(バッテリーおよびXQDカードを含む、ボディーキャップを除く)、約915g(本体のみ)


[写真付きで読む]ニコンが新型一眼レフカメラ「D850」発売 - 有効画素数4575万画素&最高約9コマの連写

外部サイト

  • 「ナイトワンダーアクアリウム 2017 〜満天の星降る水族館〜」新江ノ島水族館で開催
  • BIGBANGのSOL、フェンディ主催イベントで18年春夏メンズコレクションを着用
  • ゴッホのデジタルアート展が青山にて開催、揺れる“ひまわり”や瞬きするゴッホを3D技術で表現