24日、横浜国立大学に通う中国人男子留学生が行方不明になった問題で、この学生の母親が「早く帰って来て」と息子に呼び掛けている。写真は横浜。

写真拡大

2017年8月24日、横浜国立大学に通う中国人男子留学生が行方不明になった問題で、この学生の母親が「早く帰って来て」と息子に呼び掛けている。

行方が分からなくなっているのは湖北省出身の馮如●(フォン・ルーイー、●は亦の下に廾)さんだ。家族とは10日から連絡が取れなくなっているという。友人が14日に電話をかけたが応答はなく、その後警察に届けが出された。19日に来日した両親が馮さんの部屋を確認したところ、テレビとエアコンはついたままの状態で、誰かと争った形跡は見つからなかったそうだ。

馮さんの母親に取材したという自メディア(新興メディア)・東京新青年の23日付の記事によると、馮さんの母親は精神的苦痛を訴えており、「私にとっては(馮さん探しのための)情報拡散が最も大きなサポート」とコメントしている。

また、記事は馮さんの写真や氏名、特徴などを記した神奈川警察署のポスターを掲載。ポスターにある「お母さんからのメッセージ」欄には、「一人で長い時間、大きなプレッシャーを抱えて心身共に疲れたことでしょう。あなたがここでどんなに苦労したか、どんなに疲れたか、私は知らなかった。お父さんと一緒に日本に来て、あなたの部屋に住んでいます。早く帰って来て」としたためられている。(翻訳・編集/野谷)