元米中央情報局(CIA)工作員のバレリー・プレイム・ウィルソン氏(手前)。夫のジョー・ウィルソン氏(奥)とホワイトハウスで(2007年7月19日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領のツイッター(Twitter)による発信を止めようと、元米中央情報局(CIA)工作員の女性が異例のクラウドファンディングを始めた。集めた資金で米ツイッター社の経営権を握り、トランプ氏のアカウントの停止へ圧力をかけようという試みだ。

「そろそろ彼を止めなくてはいけない」。CIAの秘密工作員だったバレリー・プレイム・ウィルソン(Valerie Plame Wilson)氏は、クラウドファンディングサイト「ゴー・ファンド・ミ―(GoFundMe)」でこうアピールしている。

「白人至上主義者をつけあがらせたり、ジャーナリストへの暴力をあおったりと、彼(トランプ氏)のツイートは米国に損害を与え、人々を危険にさらしている。北朝鮮との核戦争が現実に起きかねない事態になるに及んで、彼のツイートの危険性は新たなレベルに達した」

 プレイム氏の計画は単純だ。10億ドル(約1090億円)を集めて運営会社ツイッターの過半数の株式を購入し、議決権を行使してトランプ氏のツイッターアカウントを停止するよう圧力をかける、というものだ。もっとも、実現する見込みは薄い。

 プレイム氏は「トランプ氏が持つ最も強力なメガホンを取り上げ、恐ろしい核戦争を防げるなら安いものだ」と書いている。

 クラウドファンディングは先週に始まり、23日時点で6000ドル(約65万円)を集めた。1人当たりの寄付の最高額は100ドル(約1万900円)。

 プレイム氏の米外交官の夫は、イラクの大量破壊兵器保有疑惑をめぐりジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)政権はうそをついていると批判。2003年、報復として政権側から同氏がCIAの秘密工作員であることを暴露された。以後はメディアにたびたび出演している。
【翻訳編集】AFPBB News