[8.23 欧州CLプレーオフ第2戦 リバプール4-2ホッフェンハイム]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)プレーオフ第2戦が23日に行われ、リバプール(イングランド)はホッフェンハイム(ドイツ)に4-2で勝利。2戦合計6-3で上回り、CL本戦出場を決めた。

 試合後、リバプールのユルゲン・クロップ監督は、勝利の要因に“アンフィールドの雰囲気”を挙げた。英『BBC』が指揮官のコメントを伝えている。

「私たちは欧州CLの舞台に立たなければならない。今回出場を決めることができて、本当にワクワクしているよ」と喜んだ指揮官は「リバプールは欧州の舞台にふさわしい。グループステージで誰が対戦相手になるのか、結果を知るのが待ちきれないね」と24日の組み合わせ抽選会を心待ちにした様子。

「難しい相手になってしまう可能性もあるだろう。だが、どんな相手でも、私たちのホームの雰囲気を味わいたいとは思わないはずだ」と本拠地であるアンフィールドの雰囲気を誇った。

「抽選をするのが待ちきれないよ」とリバプールの3シーズンぶりの本戦出場を喜んだクロップは「14か月ものハードワークがやっと実ったんだ。気分は最高だよ」と笑顔。

「欧州CLは選手を獲得するうえでも大きな影響力をもっている。もし常連になることができれば特にね」と先を見据えた。


●プレミアリーグ2017-18特集

●欧州CL17-18特集